2016年02月10日ニュース キックボクシング ムエタイ・ニュージャパンキックボクシング連盟

ニュージャパンキックボクシング連盟

2016年02月10日ニュース

2015年度年間表彰と悠矢インタビュー!

昨年NJKFにおいて3戦3勝、WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王座も獲得し見事年間MVPに輝いた悠矢(大和)。昨年の戦いを振り返り、今年の意気込みを語る。

悠矢●町田光戦(2015.2.15『NJKF 2015 1st』判定勝利)
悠矢 『町田戦は今考えたら“よく勝ったな”と思います。もちろん倒されるとかそういうのはないですけど、ダウンを獲ったとかもなく、普通の攻防の中でよく勝ったなという感じです。でもやっている最中も全然負ける気はしなくて、“60㎏の国内トップって言われている選手はこんなもんなんだ”と思いました。大した強さじゃなかったです。もう1回やっても勝てると思います。』

●野辺広大戦(2015.5.10『NJKF 2015 3rd』判定勝利)
悠矢 『野辺戦は自分で映像を見ても、“これはダウンにされてもおかしくなかったな”っていうバックブローでのフラッシュダウンっぽい場面があったんですけど、そんなに効いてはいませんでした。でもハイキックは本当に注意していて、会長にも『お前は本当に打たれ強いし倒れないけど、あのハイキックはたぶん倒れちゃうぞ』と言われていて、でも全部ガードして1発も当たりませんでした。向こうも若くて勢いがあるので前に出てきてくれて、そういうのは一番得意なんです。勢いで来たのを勢いでねじ伏せるというか。なので正直やりやすかったです。』

●皇治戦(2015.9.27『NJKF 2015 6th』判定勝利)
※WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者に!
悠矢 『皇治はただ“勝てばいい”っていう感じで来ましたよね。でも試合って会場の雰囲気とかも含めて全部じゃないですか。そういうものも含めて全部持っていく。けどあの試合は全部僕が前に出ていましたし、あいつはずっと下がっていて、それで負けてブログとかで「勝った」とか言っていましたけど、だったらもうちょっと戦い方があるだろうと。1回目に戦ったHEATの時も僕が本戦で勝っていたし、次もし戦うことがあったらぶっ倒してやろうと思います。あいつは嫌いです(笑)。』

●今年の展望
悠矢 『今までMVPは(大和)哲也くんとかそういう人がもらっていて、これに関して僕は関係ないことだなと思っていたんですけど、改めてもらってみて素直に嬉しいです。今年はもうちょっとプロとして自分を売り込んで、海外とかメジャーな興行に出ていきたいと思っています。もちろんNJKFの興行も好きなのでNJKFにも出ながら、他の大きな興行や海外とかに出ていきたいです。あと何年できるか分からないので、できる限りは真剣にやろうと思います。人間やっぱり欲が出てきますね。』

【NJKF2015年度年間表彰】
・最優秀選手賞(MVP) 悠矢(大和)
・殊勲賞       宮越慶二郎(拳粋会)
・敢闘賞       健太(E.S.G)
・技能賞       MOMOTARO(OGUNI)
・努力賞       浅瀬石真司(東京町田金子)
・新人賞       大田拓真(新興ムエタイ)
・ベストバウト賞   健太(E.S.G)vs大和侑也(大和)

【マスコミMVP】
・バウトレビュー賞  健太(E.S.G)
・イーファイト賞   大和侑也(大和)

<< 前のページに戻る

NJKF事務局

東京都豊島区池袋本町1丁目7-1
池袋本町ビル 301
TEL:03-6912-7247
FAX:03-6912-7248
MAIL:njkf@nifty.com

チケット販売


NJKF若武者会

↑ PAGE TOP