大田拓真、WBCムエタイ王座防衛! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

大田拓真
「なかなかいない両利きの、面白い選手になれたらなって思っています」

『NJKF 2020 3rd』(9月12日、東京・後楽園ホール)で宮崎勇樹を破り、WBCムエタイ日本統一フェザー級王座の防衛に成功した大田拓真。試合で試みたサウスポー、負傷を明かすとともに、新スタイル確立への意気込みを語った。



――見事王座防衛に成功した試合でしたが、振り返っていかがでしょう?

大田 宮さんは結構ジャブで入ったりするのが多いので、サウスポーでやられたらやり辛いんじゃないかと思ってサウスポーでやったんですけど、ヘタクソな部分がいっぱいあって課題が残りました(苦笑)。

――ですが、要所要所で左ミドルを印象的に当てていたと思います。

大田 でも手数がやっぱりちょっと少なかったなって。ちょっとやりづらさがあって、思ったように動けなかったです。それは相手がやりづらいとかじゃなくて、自分がです。

――たしかに今回、普段に比べて手数が少なく感じましたが、それは自分自身がサウスポーで動きづらかったのですね。

大田 そうなんです。練習だと動けるんですけど、やっぱりちょっと右の時とは感覚が違うというか、次の攻撃へのスピードも若干遅い気がしました。そこに慣れようとずっとやっていたんですけど、まだ慣れていないなっていうのが今回の試合で分かりました。やっぱり攻撃が1発・1発になってしまい過ぎているというか。上手くフェイントを使って攻撃の展開にはできたんですけど、手数が少な過ぎました。それが今回の課題です。

――では、練習の時はもっといい感じでやれていたと。

大田 ただ、左ミドルは慣れているんですけどローが慣れていなくて、距離が合わないから変なところで蹴っちゃって怪我をしちゃって、左の蹴りが3週間ぐらいずっと蹴れなかったんです。スパーリングも思うようにできなくて。試合では大丈夫かと思って蹴ったんですけどやっぱり痛くて、カットをしても痛くて、それでそういう“痛い”っていう気持ちも出ちゃって、思ったように動けなかったという感じでした。

――試合までにも怪我があり、計算が違ってしまったところがあったのですね。

大田 サウスポーと右をどっちも使えるようになりたいなと思って、コロナが始まった4月ぐらいからずっと練習をしていたんです。バランスを崩しても次の攻撃がやりやすいじゃないですか。だからサウスポーというより両利きをやりたいと思っていて、それで宮さんとの試合が決まったので、サウスポーがいいんじゃないかと思ってサウスポーをずっと考えていました。

――練習での予想外の怪我も含め、なかなか最初から上手くはいかないですね。でも今回試合を経験したことで両利き形成にも大きな経験になったのではないですか?

大田 そうですね、しかも宮さんは打たれ強くて体が丈夫なので、今回はすごくいい勉強になりました。

――今後もこの両利きスタイルを追い求めていく?

大田 改良してなかなかいない感じのスタイルにしたいです。今回試合ができて課題が見つかったしよかったです。ちょっと面白い選手になれたらなっていろいろ考えています。