2019年01月18日 栃木でDUELラウンドガールオーディション!

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2019年01月18日のニュースです。

2019年01月18日ニュース

栃木でDUELラウンドガールオーディション!

昨年05月、地元ジムVERTEXとZEROの主催でNJKF初の栃木興行として行われた『DUEL.15』。今年は04月21日(日)に昨年と同じニューサンピア栃木を会場に『DUEL.17』として開催される。

開超満員札止めとなる1,030人の観衆を集め盛況の栃木興行であったが、今年もさらなる興行盛り上げのため、初となるラウンドガールオーディションを実施。
書類選考を突破した7名の参加者が、01月12日(土)に宇都宮市オリオンスクエアで行われた最終審査に臨んだ。

当日は最高気温が10度に満たない寒空での開催となったが、7名の参加者はタイ語・テニスのサーブ・フルート演奏・シャドーボクシングと、様々なデモンストレーションで自身をアピール。
陽が落ち、さらに寒さは増していったがそれに負けない熱意でラウンドガールへの思いを語り、水着に着替えラウンドボードを持ってのウォーキングも繰り広げた。

その後、5名の審査員が厳正な審査を行い3名の合格者が決定。
グランプリに輝いたのは音大出身でフルートを学んだあわいあおさん(B83 W58 H86)、準グランプリは高校時代に400mハードルで関東興行に出場しているかなさん(B77 W60 H85)、審査員特別賞は大学でアジアの文化と歴史を学ぶ三戸部瑠美さん(B83 W62 H90)がそれぞれ受賞。

また、当日は沖縄アクターズインターナショナル宇都宮校によるパフォーマンス、栃木出身の歌手サトウヒロコによるライブ、VERTEXとZEROの選手によるエキシビションマッチ、キック体験会も行われ、下校途中の女子高生が参加するなど好況で、興行への関心を高めた。

3人での写真で、左から審査員特別賞の三戸部、グランプリのあわい、準グランプリのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です