10.25sun 新日本キックボクシング協会 MAGNUM 53 “プロフェッショナルシスト・健太”・”八潮のロッキー・畠山隼人” 王者対決!! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

今大会では王者対決が2試合組まれた。
まず、WKBA世界スーパーライト級王者・勝次(藤本ジム)がNJKFスーパーライト級王者・畠山隼人(E.S.G)を迎え撃つ。

 勝次は2003年にプロデビューし、2015年にキャリア12年目にして新日本キックボクシング協会の日本ライト級王座に就いた。2017年にKNOCK OUT初代ライト級トーナメントへ参戦すると、1回戦の不可思戦、準決勝の前口太尊戦といずれも倒し倒されの大激闘を演じて一気に名を挙げ、決勝では森井洋介に敗れるも大きなインパクトを残した。2019年10月には悲願であったWKBA世界王座をTKO勝ちで獲得。12月にはREBELS王者の丹羽圭介を激闘の末に下したが、2月大会でロンペットY’Z D GYM(タイ)、9月大会で潘隆成(クロスポイント吉祥寺)に判定負けで連敗中。

 畠山は2006年5月プロデビュー。2018年6月にNJKF王座を獲得し、昨年開催されたS1ジャパントーナメント65kg級では決勝戦で中野椋太に敗れて優勝を逃したが、今年2月の防衛戦では真吾YAMATOを薙ぎ払うような左右フック連打で2R2分46秒、TKOに下して防衛に成功した。8月にはJAPAN KICKBOXING INNOVATIONのリングに乗り込み、INNOVATIONスーパーライト級王者・橋本悟(橋本道場)を2RにKOで仕留めた。

 日本ライト級王者・高橋亨汰(伊原道場本部)はWBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太(E.S.G)を迎え撃つ。

 高橋は極真空手出身で、兄は極真会館第12回全世界空手道選手権大会4位の高橋佑汰。2015年10月にキックボクシングデビューし、多彩な蹴り技で2019年7月に日本ライト級王座に就いた。9月大会ではNJKFライト級2位・野津良太(E.S.G)に初回TKO勝ちを収めている。

 健太は2005年1月にプロデビューした大ベテランで、これまでNJKFウェルター級&スーパーウェルター級王座、Krushスーパー・ウェルター級王座、WBCムエタイ日本ウェルター級王座を獲得。長年にわたってNJKFのエースとして団体をけん引してきた。2011年9月にはK-1 WORLD MAXにも出場し、近年はONE Championshipを舞台に世界で戦う。しかし、ONEでは強豪ムエタイ選手との対戦が続き、9月のNJKFではWBCムエタイ日本統一スーパーライト級王者・北野克樹(誠至会)に判定2-1で敗れ、2019年6月以来白星から遠ざかっている。

八潮のロッキー
畠山隼人(E.S.G/NJKFスーパーライト級チャンピオン)

『新日本キックボクシング初参戦で強敵勝次選手をKOで倒して
必ずインパクトを残して帰ります!
応援よろしくおねがいします!』




プロフェッショナルシスト
健太(E.S.G/WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者)
『今回キャリア15年目、94戦目ですが初めて新日本キック協会のリングに上がるのでワクワクしています。
今は半ば当たり前になってきましたが、他団体の王者対決という事でも勝たねばならないと使命感もあります。
対戦相手の高橋選手は若く勢いのある王者で、とてもいい選手ですが、
勝ってまだまだ健太健在である事をアピールします。
そしてキャリア最軽量での62kgでの試合ですが、不安は全くありません。
むしろ、もともと僕の骨格からしたらライト級以下がベストだと思っています。
練習では自分の動きに手ごたえを感じ自信を深めていますので、あと
は結果を残すだけです。
今回は久しぶりの5R純キックルールなので僕の持ち味が発揮できると思います。
僕自身も試合が非常に楽しみですし、お客さんにも純キックボクシングの魅力を伝える事が出来ると思います。』

▼第7試合 63.6kg契約 3分3R
勝次(藤本ジム/WKBA世界スーパーライト級チャンピオン)
 vs
畠山隼人(E.S.G/NJKFスーパーライト級チャンピオン)

▼第5試合 62kg 3分5R
高橋亨汰(伊原道場本部/日本ライト級チャンピオン)
 vs
健太(E.S.G/WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者)

主催:新日本キックボクシング協会
大会名:MAGNUM 53
日時:10月25日(日)開場17:00 開始18:00
開場:東京・後楽園ホール