NJKFフライ級王座決定戦を前に誓(ZERO)、EIJI(E.S.G)両選手へインタビュー! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

「NJKF 2020 4th」(11月15日、東京・後楽園ホール)では前王者・松谷桐の返上により誓(ZERO)とEIJI(E.S.G)の19歳同士によるNJKFフライ級王座決定戦が行われる。

 両者はまだともに17歳であった昨年2月大会で対戦し、この時はが1R TKO勝利。誓の返り討ちか、あるいはEIJIのリベンジか、10代での戴冠を果たすのはどちらとなるか。

――10月4日、「BOM」での試合は残念でしたが(士門・P.Kセンチャイジムに判定負け)、振り返っていかがですか?

 負けちゃったんですけど、前回もその前も試合のペースは結構短くできているので、練習の密度をしっかり上げて、試合までにバッチリ作れるかなと思います。

――学んだことや教訓になったのはどんなことがありますか?

 普段キックボクシングの大会にメインで出ているので、ムエタイの奥深さだったり難しさがあって、それが試合にも出たんじゃないかと思います。キックボクシングとは判定が違う感じがしたので、ムエタイにも少し対応できるようになったかなぁと思います。

――選手は今年の春に高校を卒業だったんですよね?

 はい、今年卒業して社会人1年目でZEROで働いています。自分のジムなので練習も差し支えなくやらせてもらっていて、社会人としても練習としても大丈夫です。

――EIJI選手とは昨年2月に対戦し勝利しています。あの試合を振り返っていかがですか?

 前回は自分がTKOっていう形で勝ったんですけど、内容的には少し自分も危ない場面があったので、今回も前回勝っているからって油断はせず、前回より圧倒して内容もよく勝てるといいかと思っています。

――たしかに誓選手が3度倒して結果的には圧勝でしたが、EIJI選手のパンチをクリーンヒットでもらう場面もありました。

 そういう危ないシーンがあったので、今回はそういうシーンなく圧倒して勝てればと思っています。

――ZEROからは過去にミネルヴァ暫定王者が生まれていますが、今回勝てば男子では初のチャンピオンとなります。こちらについてはどう思っていますか?

 ZERO最初の男子のチャンピオンとしてふさわしい試合をしっかりして、誇らしくいられるよう頑張りたいと思います。本当に前回勝っているからといって油断はせず、あとは後楽園ホールのメインイベントに選んでもらったので、メインにふさわしい試合をして、なおかつ圧倒して勝って気持ちのよい試合をしたいです。

EIJI

――タイトルマッチが近づいて、調子はいかがですか?

EIJI 順調に練習もできていて、不安もあるんですけど勝てるよう、新しいヒデ(鈴木英由)会長さんと頑張っています。

――試合はいつぶりとなりますか?

EIJI 3ヵ月ぶりぐらいで、そんなに期間はあいていないです。前回は判定負けになってしまったんですけど、もったいないなっていうところがたくさんあって、いいところもあったんですけど自分のダメなところも出てしまって、その反省点を今回活かせればいいなと思っています。

――誓選手とは昨年対戦していますが、前回の試合を振り返っていかがですか?

EIJI パンチをもらって1ラウンドKO負けっていう形になってしまい、とても悔しい気持ちでいっぱいです。今回はそのリベンジも兼ねてチャンピオンになりたいと思っています。

――ですがダウンを奪われた後、EIJI選手がパンチを当ててスリップダウンを奪う場面もありました。

EIJI いいところは出ていたと思うんですけどまだ倒せるパンチっていうのができていなかったと思うので、今は倒せるようパンチを強化して頑張っています。

――今はそういった強化が進んで去年とは違う?

EIJI そうですね、去年とは全然パワーも違うと思うので、そこを見てもらいたいと思います。

――EIJI選手はもう早くからこちらのE.S.Gに通っているそうですね。

EIJI はい、小6からです。今は家の基礎を作る基礎屋をやっていて、仕事が終わってから夜練習に来ています。朝は5時半からとかで(苦笑)毎日は練習できないんですけど、できるだけジムに来るようにはしています。

――それでは改めて、試合への意気込みを聞かせてください。

EIJI 連敗中の中でこんなチャンスをもらえたことがすごく嬉しいので、このチャンスを絶対逃さないようチャンピオンになりたいと思います。