NJKFミネルヴァスーパーバンタム級王座は浅井春香に! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

NJKF栃木大会「DUEL 21」
6月20日、栃木・オリオンスクエア

 NJKF栃木大会『DUEL.21』が20日(日)、コロナ禍による昨年の中止を経て宇都宮市オリオンスクエアで2年ぶりに開催された。
 夕方17時からのプロ興行を前に、10時半からはアマチュア大会を実施。コロナ禍により試合機会を待ち望んでいた北関東の選手が集結し、60試合の熱闘が繰り広げられた。
 17時からのプロの部でもメイン以外を栃木と茨城の選手によるマッチメイクがなされ、第2試合から3戦連続でKOが見られるなど会場を沸かせた。
 メインイベントは浅井春香(KICK BOX/ミネルヴァ スーパーバンタム級1位)とKAEDE(LEGEND/ミネルヴァ スーパーバンタム級2位)によるミネルヴァ スーパーバンタム級王座決定戦。
 

 KAEDEの計量オーバーにより減点1からスタートした試合は、距離を詰め得意のパンチで攻める浅井に、KAEDEは前蹴りやローといった蹴りで対抗。浅井がパンチを当ててもKAEDEは首相撲でとらえその後を攻めさせず一進一退で進み、接戦のまま試合終了。

判定はやはりKAEDEの減点が響いた形で29-28、29-28、30-28の3-0で浅井。J-GIRLSフェザー級王座に次ぐ新たなベルトをものにした。
 
 なお、大会は三密回避のため屋外会場で行われ、消毒・事前の検査など十分なコロナ対策の下で実施された。
 
 
 

『DUEL.21』
2021年6月20日(日)
栃木・宇都宮市オリオンスクエア
OPEN 16:45 START 17:00

▼メインイベント ミネルヴァ スーパーバンタム級王座決定戦 3分3R
〇浅井春香 (KICK BOX/ミネルヴァ スーパーバンタム級1位) 
判定3-0
●KAEDE (LEGEND/ミネルヴァ スーパーバンタム級2位)
※29-28、29-28、30-28
※KAEDEに計量オーバーにより減点1あり

▼セミファイナルⅡ 団体交流戦 ライト級 3分3R
〇手塚拓也 (VERTEX)
判定3-0
●ソムプラユン・ヒロキ (DANGER)
※30-28、29-28、29-28

▼セミファイナルⅠ 交流戦 52.5kg契約 3分3R
〇吏亜夢(ZERO)
1R0分59秒 TKO
●山口隆弥(AFC)

▼第3試合 交流戦 70kg契約 3分3 R
〇鈴木清照 (ドージョー☆シャカリキ)
1R2分53秒 TKO
●渡邊知久 (Bombo Freely)

▼第2試合 60kg契約 3分3R
〇龍旺(Bombo Freely)
2R2分09秒 TKO
●市村コウキ(VERTEX)

▼第1試合 アマチュアスーパーファイト 62kg契約 1分30秒2R
〇古市洋介(K-CRONY)
判定3-0
●仁平達也(ZERO)
※20-18、20-18、20-19