12.6 倉敷 NJKF2020 west Young Fight結果&レポート | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

12月6日(日)NJKF拳之会の本拠地、岡山県倉敷・FIGHT CLUBにて「NJKF2020 west Young Fight」が開催された。
NJKF公式戦では、ミヤギン(team Bonds)VS佐野勇海(NJKF拳之会)のヘビー級戦をメインに、全5試合が行われた。

また、アマチュアキックNEXT☆LEVELのジュニア中四国王座戦が8階級行われ、現王者の-55kg中島龍之介(NJKF TRASH)が初、-50kg長谷川海翔(誠剛館総本部)が2度目の防衛を果たした他、6名の新王者が誕生した。

以下、結果&レポート

〈NJKF公式戦〉

▼第5試合 交流戦100kg契約 3分3R
 × ミヤギン(team Bonds)
  vs 判定0-3(三者とも28-30)
 ○ 佐野勇海(NJKF拳之会)

今年9月のDEEP☆KICKでプロデビュー、パンチ連打で1RTKO勝利したミヤギン。
対する佐野も2週間前のRIZIN大阪大会でデビュー戦を勝利、1戦1勝同士、重量級のスリリングな試合が期待された。

1Rガードを固めるミヤギンに対し、パンチからローキックのコンビネーションで攻める佐野。ミヤギンはガードを固めたまま前進し、コツコツとローキックを出していく。
中盤、前進するミヤギンを前蹴りで止め、パンチからの組み膝で体力を削っていく佐野。
2R疲れの見えてきたミヤギンに佐野がラッシュを仕掛けた所でミヤギンのマウスピースが外れるアクシデント。2R終了時点で採点はジャッジ3者とも19-20で佐野。
3R後がないミヤギンは序盤から左右のフックで攻める。佐野は被弾しながらもクリンチワークから膝を当て、前蹴りで距離を作ってはショートパンチ。終盤、打ち疲れの見えるミヤギンがパンチを貰いバランスを崩した所で再びマウスピースが外れタイムストップ。再開後1発逆転のフックを放つミヤギンとショートパンチで攻める佐野がもつれ合った所でゴング。佐野が0-3の判定で2戦2勝とした。


▼第4試合 交流戦 フェザー級 3分3R
 × 祐輝(OU-BU GYM)
  vs 判定0-3(28-30、28-30、29-30)
 ○ 川口惣次郎(NJKF岩崎道場)

NEXT☆LEVEL中四国大会の常連選手でもあった両者。祐輝は経験豊富なボクシング技術で、2月大会では最優秀選手賞獲得。対する川口は-50kgジュニア中四国王座(第8代)をはじめ、アグレッシブなファイトスタイルで4度のBEST BOUT賞を獲得している。

1Rお互いに小気味良い攻撃を出し、仕上がりの良さを伺わせる。後半、川口がカウンターの右ミドルから活路を見出しやや優勢に。
2R右ハイキックから首相撲に繋ぎ膝蹴りで攻める川口。終盤にはショートパンチもまとめる。祐輝もパンチで前に出ようとするが単発の攻撃が目立ち、途中採点は0-3で川口。
3R祐輝のバックハンドブローがヒット、そこから双方撃ち合いに。パンチで追う祐輝に、蹴りからコンビネーションの川口。お互いに死力を尽くし、最後は足を止めた撃ち合いで終了。大応援団が見守る中、川口がデビュー戦を白星で飾った。


▼第3試合 交流戦 フライ級 3分3R
 × 小林広幸(NJKF立真ジム)
  vs TKO 1R 2分53秒
 ◎ 空龍(空修会館)

ジュニア時代、NEXT☆LEVEL中四国王座(4階級)、日本統一王座(2階級)、WBCジュニア王座等、幾度となく戴冠を果たし、輝かしい成績を収めてきた空龍がNJKF最年長プロ選手の小林に挑む。

1Rやや動きに力みが見られるオーソドックスの小林に対し、空龍はサウスポーから冷静に攻撃を組み立て、開始2分左ハイキックでダウンを奪う。ダメージの残る小林も踏ん張りを見せるが、終了間際のコンビネーションの追撃を受け、レフェリーストップ。空龍が圧巻のTKO勝利を収めた。


▼第2試合 NJKF ミネルヴァ55kg契約 2分3R
 × 三宅美優(NJKF拳之会)
  vs 判定0-3(28-30、28-30、29-30)
 ○ 北川 柚(NJKF京都野口ジム)

三宅は今年3月の拳之会興行でピーター・アーツの長女モンタナとの対戦でプロデビュー。対するは本日デビューの北川。

アップライトに構え、ローを中心に攻める北川に対し、ステップワークからパンチを繰り出す三宅。時折、三宅のパンチが入るもダメージには繋がらない。逆にどんどん前に出てくる北川のローキックが次第に効果を発揮。2R終了時の採点で2者が北川を支持。
最終3R、リードを許した三宅がパンチを奮って前へ出るもローキックのダメージと疲れは隠せず、試合終了。序盤からペースを崩さなかった北川が判定勝利を収めた。


▼第1試合 交流戦 バンタム級 3分3R
 ○ 蓮(BOSS GYM)
  vs 判定2-0(30-27、30-28、29-29)
 × 長野龍生(JKI武勇会)

地元岡山のBOSS GYMでジュニアから育ってきた長身の18歳、蓮と愛媛の名門ジム・武勇会所属で20歳の長野はともに本日デビュー戦を迎えた期待の新鋭。

序盤から蓮がハイキックで強襲。リーチを活かし、蹴りで距離を保ちつつ、中に入れば首相撲で支配していく。長野もパンチの距離を作らんと果敢に攻め入るがなかなか距離感が掴めない様子。最終3R、ややペースの落ちた蓮を長野が追い込む場面もあったが前半の劣勢を挽回するには至らず判定2-0で蓮の勝利となった。


〈NEXT☆LEVELジュニア中四国王座決定戦〉

▼第8試合 -60kg中四国王座決定戦 1分30秒3R 延長1分1R
 ○ 中元優成(team Bonds)
  vs 判定3-0(30-27、30-28、30-29)
 × 北詰力将(HERO’z)
 ※中元選手が-60kg第7代王座獲得



▼第7試合 -55kg中四国タイトルマッチ 1分30秒3R 延長なし
 ○ 中島龍之介(現王者/NJKF TRASH)
  vs 判定3-0(30-27、30-27、30-28)
 × 清水大志(誠剛館総本部)
 ※-55kg第8代王者 中島選手が防衛1



▼第6試合 -50kg中四国タイトルマッチ 1分30秒3R 延長なし
 ◎ 長谷川海翔(現王者/誠剛館総本部)
  vs TKO 1R 1分19秒
 × 山田偉武希(ナックルズGYM)
 ※-50kg第10代王者 長谷川選手が防衛2



▼第5試合 -45kg中四国王座決定戦 1分30秒3R 延長1分1R
 × 池口虎太朗(武魂會)
  vs 判定0-2(28-30、29-30、29-29)
 ○ 芝 宏二郎(NJKF TRASH)
 ※芝選手が-45kg第12代王座獲得



▼第4試合 -40kg中四国王座決定戦 1分30秒3R 延長1分1R
 ○ 山口悠真(NJKF TRASH)
  vs 判定3-0(三者とも30-28)
 × 池野亜子(誠剛館総本部)
 ※山口選手が-40kg第13代王座獲得



▼第3試合 -35kg中四国タイトルマッチ 1分30秒3R 延長なし
 × 大村絆人(現王者/魂心舘)
  vs 判定0-3(28-30、28-30、29-30)
 ○ 湯桶勇成(NJKF TRASH)
 ※湯桶選手が-35kg第12代王座獲得



▼第2試合 -30kg中四国王座決定戦 1分30秒3R 延長1分1R
 × 藤本 穂(武魂會)
  vs 判定1-2(29-30、29-30、30-29)
 ○ 石居悠愛(誠剛館総本部)
 ※石居選手が-30kg第10代王座獲得



▼第1試合 -25kg中四国王座決定戦 1分30秒3R 延長1分1R
 ○ 佐伯大和(誠剛館総本部)
  vs 判定2-1(30-28、30-29、29-30)
 × 山本莉杏(武魂會)
 ※佐伯選手が-25kg第9代王座獲得

〈大会概要〉
「NJKF2020 west Young Fight」
2020年12月6日(日)
FIGHT CLUB拳之会/岡山県倉敷市粒江2077-3
TEL(086)426-5560
OPEN 12:30 / START 13:00
主催 NJKF拳之会

〈チケット〉
立見/自由席 一律4,000円
※小学生未満チケット不要

〈チケット販売〉
NJKF拳之会 TEL(086)426-5560
または、各出場ジムおよび出場選手

〈お問合せ〉
NJKF拳之会 TEL(086)426-5560
拳之会mail:kobushi@nifty.com