北野克樹、健太に勝利! S1世界スーパーライト級挑戦者 | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

北野克樹
「今回かなり自信がついたし、さらに上に行けると確信しました」

『NJKF 2020 3rd』(9月12日、東京・後楽園ホール)で健太を破り、S1世界スーパーライト級王座次期挑戦者となった“浪花の蹴技職人”北野克樹(誠至会)。大きな壁を乗り越え、充実した心境を語る。



――まず試合を振り返っていかがしょうか。

北野 感想としては考えていた作戦がはまった感じです。でも回転技は見切られて、それが最初のラウンドですぐ分かったので、だから僕もすぐに作戦を変えて。何パターンか用意していったんです。

――実際に見ていても、さすが健太選手そう簡単に大技は当てさせないなと感じました。

北野 健太選手もすごい作戦を練ってきたなっていうのは戦っている時すごい感じました。今回カーフキックを蹴っていたのは分かりました? カーフキックはめっちゃ狙っていて、実はあれが作戦の1つだったんです。健太選手もあれは予測していなかったと思います。僕も初めて練習していって、健太選手はパンチャーだから前の足を初回から潰していこうと思ってました。あれで顔色もちょっと変わったし、健太選手の頭の中にその作戦はなかったんだなと感じたので、僕の作戦勝ちかなって。

――空手の大技狙いかと思っていましたが、足を潰していくのが作戦だったのですね。

北野 そうです。これは誰にも言っていなかったことで、健太選手もあそこまで蹴ってくるとは思っていなかったと思います。僕のどの映像を見ても、あんなにローを蹴ってる映像は上がっていないので。

――最初は大技・回転技を出して、それが当たらなかったからカーフキックに切り替えたと。

北野 そうです、僕の中で何パターンかあったんです。健太選手は絶対に僕の左ミドルであったり回転技を警戒して、僕の蹴り終わりに入ってこようと思っていたと思うんです。でも、それは僕も分かっていたので。

――“浪花の蹴技職人”がキャッチフレーズの北野選手ですが、さすが大技だけでなく他の蹴りも使いこなしますね。

北野 たぶん大技は警戒されて当たらないと思っていたので、そういうカーフキックであったり自信のあるミドルキックで的確にポイントを取ろうっていう作戦でした。ミドルをスウェーされても体幹でしっかり戻してまた前蹴りをして健太選手を入ってこさせない。僕の距離で戦うことができました。

――やはり大技頼みだったり何か1つだけに頼るのではなく、二の手・三の手を用意しておくのが必要なのですね。

北野 やっぱり相手は百戦錬磨の男なので技を何個か持っていたし、今回はそれがよい方向に行ったと思います。もう毎日映像を見て健太選手を研究していました。今回は3Rだし、5Rだったら健太選手は経験があるから後半伸びてきたりペース配分も上手ですけど、3Rなら僕の方が若いし勢いで行けるっていう自信がありました。

――二重三重に戦略を用意して試合に臨むというのは、今後の戦いにも活きそうですね。

北野 健太選手に通用するんだなということで、今回かなり自信がついたし、さらに上に行けると確信しました。お互いほんと、駆け引きしてましたね。

――大きな勝利を得て、最後に今後の意気込みをお願いします。

北野 必ずトップに立つ選手になるので、みなさん目を離さず北野克樹にご注目ください。研究されても当てられるよう僕も頭を使っていっぱい練習をしていきます。今回挑戦権を頂いたので、必ずそれをものにして、自信もあるので世界チャンピオンになろうと思います。こういう状況でまだ先のことは分からないですけど、今回もよい準備期間にしたいと思います。