NJKF栃木大会「DUEL 21」浅井・KAEDEインタビュー | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

 2年ぶりとなるNJKF栃木大会「DUEL 21」(6月20日、栃木・オリオンスクエア)ではメインイベントでミネルヴァスーパーバンタム級1位の浅井春香(KIKC BOX)と同級2位のKAEDE(LEGEND GYM)によるミネルヴァスーパーバンタム級王座決定戦が行われる。

 J-GIRLSフェザー級王座に続くベルトを狙う浅井と、華やかなアマチュア時代を経てプロでの戴冠を目指すKAEDE。

「倒します」とKO宣言の出た浅井に対し、KAEDEも「圧倒的に、インパクトを残せる試合をしてベルトを獲りたい」と、どちらも強気を見せた。

浅井春香

――タイトルマッチが迫り、調子はいかがですか?

浅井 絶好調で気合い入ってます。

――ベルトの懸かる一戦へ、どんな思いでしょうか。

浅井 ☆SAHO☆選手に2回負けていて、その☆SAHO☆選手が持っていたベルトなので、しっかり余裕で勝たないといけないなと思っています。☆SAHO☆選手はパンチも強いし、勢いがあって速くて強かったです。

――ですが、そこから学んだことも多くあったのではないですか?

浅井 全体的に負けが多くて、華やかな感じの戦績じゃないですけど、負けていろいろ勉強しています。

――浅井選手は仕事と両立して練習をされているそうですが、大変な中でも選手として活動を続ける原動力は何なのでしょう?

浅井 納得いくようになったことがないし、できないことばっかりだから全然終わらないですね。試合でも練習でも“あぁ、OKだな”っていう感じが1回もないんです(苦笑)。練習でもイメージと違っちゃっていて、できないからまたやらなきゃいけないし、そういう感じで今まで来ました。

――そんな不器用な感じでやってきた浅井選手と、アマチュアから華々しく活躍してきたKAEDE選手は好対照に映ります。

浅井 戦績も見ましたけど、アマチュアで60戦ぐらいやってほとんど勝ってるみたいですね。でも緊張しちゃうんで、あんまり調べないようにしています。

――そんなKAEDE選手の試合はご覧になっていかがですか?

浅井 そんなに食らいつくようには見ていないのですが、オーソドックスで手足の長い選手だなっていうイメージです。他にも天才・星野姉妹とか6冠王とか、いろいろ事前に聞いたので、強いのは十分に感じました(苦笑)。

――そういった相手にどう戦いますか

浅井 見た感じ、身体の作りではこっちの勝ちだと思うし、強い攻撃・倒せる攻撃を持っているのもこっちだと思うので、そういうのをしっかり出せるよう練習しています。あんまり自分は“こういう相手だから合わせてこうしよう”っていうタイプではないので、試合対策というよりいつもやっていることをやっている感じです。

――では、フィジカルであったり、自分がまさっている部分をぶつけて勝つと。

浅井 自分もフィジカルが強かった訳じゃないですけど、怪我とかいろいろしてフィジカルもしっかり取り入れて、体も作り直したりしてきたので、見た感じ自分の方がまさってるんじゃないかと思います。

――そういったフィジカル面でしたり、これまで培ってきたもので勝負するのですね。

浅井 すみません、そんなことしかなくて(笑)。でも、女子の試合でタイトルマッチで、メインイベントで組んでもらっているので、男子の選手に負けないよう強い攻撃で、みんなにビックリしてもらえるような攻撃が出せればと思うので、期待していてほしいです。倒します。


KAEDE

――プロでは初のタイトルマッチが近づき、調子はいかがですか?

KAEDE 調子はいつもよりよくて、最高の感じに仕上がってきています。ベルトを獲りたい気持ちが強くて、練習に気持ちが入って、細かいとこまで教えてもらえているので、それをしっかり学んで練習しています。

――やはりタイトルマッチで気合いが入っているのですね。

KAEDE はい、めっちゃ入ってます。ちょっと不安もありますし、いつものワンマッチより緊張するのも早いです。やる気がいつもより何倍も違う感じです。

――逆に言えば、普段はそんなに緊張しないのでしょうか。

KAEDE もう試合が始まる3分前ぐらいとかにしか緊張しないんですけど、タイトルマッチってなるともう結構前から緊張しています(苦笑)。

――勝敗の心配や相手への不安、緊張の原因は何なのでしょうか?

KAEDE お客さんに対して試合内容、いい試合ができるかとか、教えてもらったことができるか、しっかりベルトが獲れるのかとか、そういうことをいっぱい考えてしまって緊張してしまいます。

――でも、一方で自信はあるんじゃないですか?

KAEDE 自信は結構あります。

――去年S1トーナメントは残念な結果になってしまいましたが、あの敗戦でどんなことを学びましたか?

KAEDE S1の後の試合で、周りの人たちから「気持ちが強くなった」とか「前進する気持ちが出てきたから、その調子で行って」って褒められるようになりました。もう負けたくないです。

――苦い経験をプラスにできたのですね。今回の対戦相手である浅井選手についてお願いします。

KAEDE 気持ちが強い選手だと思うのと、パンチが上手いって聞いたので、パンチをどう対処するかだと思います。

――でも、KAEDE選手も気持ちの面では負けないのではないですか。

KAEDE 負けたくないですね(笑)。パンチで来られたら「パンチでも蹴りでも自分ができることをやって対処しろ」って会長に言われているので、試合の時にパンチか蹴りか、対処を決めたいと思います。どちらでも対処できるよう練習しています。

――どんな試合をしてチャンピオンになりたいですか?

KAEDE 気持ちで技術でも全部負けない試合をして、圧倒的に、インパクトを残せる試合をしてベルトを獲りたいです。

――KAEDE選手は現在高校3年生、やはり在学中にベルトを獲りたい気持ちがあるんじゃないですか。

KAEDE めっちゃあります。卒業後はどんどんベルトを増やして、1つのベルトの価値を上げれるよう、キックボクシングに専念できるようにしていきたいと思ってます。

――では、最後に改めての意気込みや観戦する方たちへのメッセージをお願いします。

KAEDE 今回タイトルマッチを初めてするにあたって、すごく緊張や不安の気持ちがあるんですけど、浅井選手には何も負けないっていう自信があるので、必ずベルトをLEGENDジムに持ち帰りたいと思ってます。応援よろしくお願いします。


『DUEL.21』
日時:2021年6月20日(日)
場所:栃木・宇都宮市オリオンスクエア
OPEN 16:45 START 17:00
 
《チケット料金》
VIP席:30,000円 1テーブル4名
指定席:前売 7,000円 / 当日 8,000円
立ち見:前売 3,000円 / 当日 4,000円
 
《チケット販売》
VERTEX:TEL/FAX 0285-83-7009
ZERO:TEL 028-689-8836 / FAX 028-689-8837
出場選手所属ジム:各自、お問い合わせください!
 
《お問い合わせ》
VERTEX:TEL 0285-83-7009
ZERO:TEL 028-689-8836