2009年07月23日 大和哲也がアメリカで王座獲得! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2009年07月23日のニュースです。

2009年07月23日ニュース

大和哲也がアメリカで王座獲得!

07月19日(現地時間)、米国ロサンゼルス市郊外・アナハイム市のコンベンションセンターで行われた【2009年 アルティメート・ウォーリアーズ】興行で、 NJKFライト級王者の大和哲也(大和)がWMCインターコンチネンタル ライト級タイトルマッチに臨み、見事5RKO勝利!

 

対戦相手は過去、ルンピニー・ラジャの両スタジアムで王者となり年間MVPを2度獲得し、ムエタイのレジェンドと呼ばれるゲンサック・ソープランジット(現在は在住するアメリカで活躍中)という強敵でしたが、得意のボディーで見事に沈めてタイトル獲得に成功しました。
1R、ローから攻める大和に対し、ゲンサックは早い左ミドルを返し、大和を近づけない。
2R、大和のローに対し、ゲンサックはミドルと変則的なパンチを繰り出す。
3R、大和のローが効き始め、ゲンサックはサウスポーへスィッチ、その時点でまだポイントはどちらとも言えない。
4R、ややスタミナの切れたゲンサックがロープを背負うことが多くなり、対する大和の手数が増え、時おりパンチも当たり始める。
5R、中盤大和の左フックでゲンサックが尻餅をつくが、レフェリーはスリップの判定。残り30秒で大和の攻撃が続き、右アッパーが当たりふらつきながら後退するゲンサックに対し、ショートの左フックでガードが上がったところに左ボディーを決め、ゲンサックは立ち上がれずKO勝利!

 

大和 『今回は初の短期戦、初海外、初世界戦、初飛行機、初英会話という全て初づくしの遠征といった中でしっかりKOすることができ、世界のベルトをしかもアウェーで取れたことは自分にとって凄くプラスになると思うし、今後も更なる飛躍ができるように頑張りますので応援よろしくお願い致します。まずはWBCムエタイルール トーナメントでのベルトを目指します』

 

初の海外遠征で大きな栄誉を手に入れ、ますます波に乗る大和。国内での次戦は09月23日、後楽園ホールでのトーナメント初戦の予定です。今後の活躍にご期待ください!