2009年09月26日 J-GIRLS出場5選手を理事長自ら激励! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2009年09月26日のニュースです。

2009年09月26日ニュース

J-GIRLS出場5選手を理事長自ら激励!

09月26日(土)、都内で行われたJ-GIRLS新宿FACE興行の前日計量にNJKFから出場する5選手が集結。

 

他団体の興行に、しかも女子の選手がこれだけ揃うことは珍しいとあって会場には齋藤京二理事長も選手達の激励に駆けつけた。これ自体もかなり異例のことで選手達は翌日の勝利に向け、より一層身を引き締めていた。

 

当日はAZUMA(y-park)がメインに出場し、WAKO.PROムエタイ世界バンタム級王者の“ブアカーオと同門”ヌシアン・ポー・プラムックと対戦する他、アトム級初代王座決定トーナメントにも山田純琴(y-park)、Mai(健心塾)、田邊彩(インスパイヤード・モーション)の3選手が出場。また、現役高校生のすずな(健心塾)もワンマッチでJ-GIRLS初参戦。

 

齋藤理事長はメインのAZUMAに対しては『メインで相手もムエタイの世界レベルの選手ということなので、それを倒すことで名前を上げて世界に立ち向かえるような選手になってほしい』と期待を寄せる。興行全体についても『今回はニュージャパンから5人もまとまって出るということで是非ともトーナメントに出る選手は勝ち抜いて、12月の決勝に進んでほしいですね。ワンマッチの選手も力を発揮して最高の試合をしてくれるよう期待しています』とコメント。

 

この激励に応えるべく、選手達も決意を新たにしている。AZUMAが『明日はメインなので、それに恥じないような、盛り上がる試合をして勝ちたいと思います!』と意気込めば、同門の先輩に当たる山田も『トーナメントで2戦するので、両方ともKOで連勝して12月の決勝に進みます!』と必勝宣言。

 

同じくトーナメントに出場する田邊は『全然、戦績とか実績はないんですけど、トーナメント出場の機会をいただいて大変嬉しく思っています。このチャンスを生かせるように精一杯頑張ります!』、Maiも『明日はまず入場のシーンを見てほしいです。王者狙いなんで(笑)。1試合目はKOでスッと勝ちたいです。2試合目は気持ちで頑張ります!』と、それぞれトーナメントでの活躍を誓った。実績で上回る陣内まどか(Black Pug)と対戦するすずなは『めっちゃ強い相手ですけど、絶対に打ち負けない試合をしたい!』と力強く語った。

 

果たして彼女たちは敵地で勝利を挙げ、J-GIRLSの舞台でNJKF女子の力をアピールできるのか?理事長の期待に応えることができるのか?興行はいよいよ目前だ!