2010年12月22日 国崇、トーナメント結果! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2010年12月22日のニュースです。

2010年12月22日ニュース

国崇、トーナメント結果!

12月18日~19日に中国海南島・海口市体育館にて開催された興行に国崇(拳之会)が参戦しました。国崇は122ポンド(約56kg)で行われる4選手によるトーナメントに出場。18日未明、前日計量でオーバーだったリー・ニングは髪を剃り、再計量リミット時までに2ポンドアンダーの120ポンドまで落としてパスしました。

 

試合開始のゴングとともにパンチで前に出て攻撃をしかけるリー。開始50秒で国崇がハイキックでダウンを奪い、その後も前蹴りとパンチで攻めるリー選手に対し、パンチとローで応戦しました。2R、3Rと前へとプレッシャーをかける国崇に対し、下がりながらパンチで攻撃するリー。前回の様にボディーを打とうとする国崇に対し、前蹴りからのパンチから組んでの膝と前に入らせません。判定はドローで延長戦へ。双方打ち合う形となりましたが、中盤よりパンチのラッシュをかけたリーが3-0の判定(三者とも38-37)でホームでのリベンジを果たしました。

 

もう一つのトーナメント準決勝、第1試合のロミー・アザンダ(アメリカ)対パウロ・ダシルバ(イギリス)は3-0でロミーが勝ち決勝に進出。

 

翌日行われた決勝戦は体格で圧倒的に勝るリーがロミーを前蹴りで全く近づけず、パンチとローで攻めて50-45、50-46、50-46と3-0の判定で圧勝。トーナメント優勝を決めました。
また、同興行で行われたWBCムエタイ世界スーパークルーザー級タイトルマッチは王者スティーブ・マッキネン(オーストラリア))が3-0で挑戦者ステファン・ススペレギ(フランス)を破り防衛に成功。WBCムエタイ インターナショナル スーパーヘビー級王座決定戦はスティーブ・バンクス(アメリカ)が3-0でエドゥアルド・マイオリノ(ブラジル)を破り、タイトルを獲得しました。

 

情報提供=JPMC