2013年07月20日 09月22日の後楽園興行、『NJKF 2013 6th』の第1弾対戦カードを発表! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2013年07月20日のニュースです。

2013年07月20日ニュース

09月22日の後楽園興行、『NJKF 2013 6th』の第1弾対戦カードを発表!

アサヒ飲料がスポンサーとなっての冠興行『NJKF 2013 6th』(09月22日、東京・後楽園ホール)の第1弾対戦カードが決定した。

 

07月15日の『NJKF 2013 4th』でともに勝利を上げた拳粋会の宮越宗一郎・慶二郎兄弟が揃ってWBCムエタイ日本タイトルマッチに出場。WBCムエタイ日本スーパーウェルター級 王者の宗一郎はWPMF日本スーパーウェルター級王座とINNOVATION同級王座の2冠王・廣虎(ワイルドシーサー沖縄)を迎えての防衛戦、慶二郎は水落洋祐が持つWBCムエタイ日本ライト級王座に挑戦する。
慶二郎は昨年09月、水落とWBCムエタイ日本ライト級王座決定戦を争うも判定負け。しかし今年04月に“NJKFキラー”ガンスワン・サシプラパーを破り、07月にも難敵・翔センチャイジムを判定2-1で振り切り、フットワークで機動力を全開にするスタイルを確立させリベンジを狙う。
宗一郎は武田一也、清水武と格上王者を連破し好調な沖縄の虎・廣虎を迎え撃つ。強打の印象が強い宗一郎だが昨年09月の防衛戦では健太をヒジで切り裂いてTKO勝ちし、行われたばかりの白神武央戦でも左ミドルと左ローで相手をさばくテクニシャンぶりを見せていた。強打と技巧、どちらで廣虎に対峙するのか。

 

宮越兄弟が2人揃ってのWBCムエタイ日本王者を目指す!
その他興行では、WBCムエタイのタイトルマッチを全4~5試合予定している。