2013年09月11日 10月14日の後楽園興行、『NJKF 2013 7th』の第1弾対戦カードを発表! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2013年09月11日のニュースです。

2013年09月11日ニュース

10月14日の後楽園興行、『NJKF 2013 7th』の第1弾対戦カードを発表!

10月14日(月/祝・昼)に開催される『NJKF 20137th』(東京・後楽園ホール)の第1弾対戦カードが決定した。
メインイベントではWBCムエタイ日本スーパーフェザー級王座決定戦が行われ、NJKF同級王者の大和大地(大和)が出場。22歳の若き王者の大地は 2011年09月の敗戦を最後に以後黒星を喫しておらず、現在まで7連勝。オールラウンダーでさらなる成長が期待される大地の相手には超大物選手が予定されている。2冠達成なるか?

 

 

さらに今興行では2階級のNJKF王座決定戦も行われる。まず前王者・健太(E.S.G)がウェルター級への階級転向により返上したスーパーウェルター級王座を巡り、TOMOYUKI(センチャイムエタイ)と山本“バッファ”弘樹(大和)が対戦。ともに攻撃的スタイルを持つ両者だけにスーパーウェルター級らしい骨太の試合が期待できそうだ。

 

白井周作

 

前バンタム級王者の幸二郎(OGUNI)のタイトル返上を受け、王座決定戦に臨むのは白井周作(Bombo Freely)とRISING一治(誠至会)だ。白井はNJKF桜井洋平スーパーバイザーの秘蔵っ子で、ここまで8戦7勝1分と無敗でタイトルマッチに進出した。『NJKF 2013 4th』では元王者の前田浩喜を破っており、無敗のまま戴冠を狙うランキング1位の白井にフェザー級王者の中嶋平八の同門である一治が待ったをかける形となる。

尚、今興行は試合開始がAM11:00の昼興行として行われる。