2013年09月20日③ 羅紗陀インタビュー! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2013年09月20日③のニュースです。

2013年09月20日ニュース

羅紗陀インタビュー!

09月22日に開催される、アサヒ飲料(株)PRESENTS『NJKF 2013 6th』(東京・後楽園ホール)で、2年ぶりにリングに復帰する羅紗陀(キング/元WBCムエタイ日本ライト級王者)の直前インタビューがNJKFから届いた。
インタビューは15日のM-FIGHTの会場で収録。メインでゲーオ・フェアテックスと対戦する梅野源治の応援に来たと言い、自身の藤牧孝仁(はまっこムエタイ)戦については『不安はない』『自信があります』と話す。

 

――NJKF以外の興行を観戦に来るのは珍しいのではないですか。
羅紗陀 『他の団体はあまり見ないので久しぶりですね。梅野選手とは前から知り合いで、うちのジムへ練習に来たりしたこともあるんです。手合せしたことはないんですけど、そういうのもあって今日は応援に来ました。でも、この試合は知り合いじゃなくても気になる一戦ですよね。』

 

――階級も近いですし、いずれお2人の試合も見たいところです。さて、2年ぶりとなるご自身の復帰戦がいよいよ1週間後に迫ってきました。調子はいかがですか?
羅紗陀 『減量を早めにやっているので少しお腹が減ってますけど、体調も調整もバッチリです。今はあと数キロ残しています。』

 

――試合はもちろん、「試合前」の感覚・気持ちも久々となる訳ですが、緊張や不安があるのではないですか?
羅紗陀 『でも、楽しみですね。不安はないです(キッパリ)』

 

――不安がないというのはそれだけ仕上がりが良いということでしょうか?
羅紗陀 『そうだと思います。試合が近くなると結構疲れとかがあるんですけど、今回はそれがないので大丈夫です。』

 

――今年は暑さが厳しかったですし、久しぶりの追い込みで疲れがあってもおかしくないところですが。
羅紗陀 『今回は仕事をそんなにしていないので、それも影響しているのかもしれません。ほとんど練習だけで試合に集中していました。』

 

――対戦相手の藤牧選手についてはいかがでしょう。
羅紗陀 『結構映像を見られたので、それをイメージして毎日やってます。だから自信があります。あとは試合のリング上でしっかりやるだけです。』

 

――羅紗陀選手は以前も長いブランクを経験していますが(※過去に負傷で1年8ヵ月のブランクを作ったことがある)その時はどうでした? 違和感はありませんでしたか?
羅紗陀 『前の時は中須賀選手が復帰戦の相手だったんですよね。たしか7戦目ぐらいでタイトルマッチで(2008年09月、NJKFスーパーフェザー級タイトルマッチ)判定ギリギリ勝ったんですけど、まぁ7戦目にしては頑張ったんじゃないですかね(笑)。だから復帰戦には強いんです(笑)。』

 

――羅紗陀選手が引退試合の相手だった桜井洋平NJKFスーパーバイザーは、『復帰戦はコンスタントに試合をしていた時と違って熱くなりすぎたり落ち着きすぎたりすることがあるので、やりながら試合感覚を思い出すつもりで慌てずやってほしい』とエールを送っていました。
羅紗陀 『そうですね。まぁ、あんまり言うと相手にバレてしまうので言わないですけど、いろいろ考えて用意しています。』

 

――では、この段階までの準備は万全だと。
羅紗陀 『あとは1週間しっかり減量して仕上げます。』

 

――改めて復帰にあたっての意気込みをお願いします。
羅紗陀 『将来的には世界へ行ってチャンピオンになりたいので、来年01月に2人目の子どもが生まれるので、その後はトントントンと試合をしていきたいと思います。ケガが多いのでケガもしないよう気をつけながら今後はやっていきたいです。』

 

――羅紗陀選手が言う「世界」というのは、WBCムエタイの世界王座になるのですか?
羅紗陀 『それが今は大きいですね。もちろん他のベルトもチャンスがあればやっていきたいです。まずは復帰戦が楽しみです。』