2014年04月30日 宮越慶二郎がWBCムエタイ インターナショナル チャレンジ戦で勝利! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2014年04月30日のニュースです。

2014年04月30日ニュース

宮越慶二郎がWBCムエタイ インターナショナル チャレンジ戦で勝利!

 

宮越慶二郎

 

2014年04月27日19時(現地時間)、フィリピン・マカオにあるSolaire Resort Casinoで開催された『Kunlun Fight 4』にて、WBCムエタイ日本ライト級王者の宮越慶二郎が中国の強豪Wei NinghuiとWBCムエタイ インターナショナル チャレンジ戦にて延長Rで勝利した!
1R、ローからパンチのコンビネーションで攻める慶二郎に対し、15歳からタイで既に4年間練習をしているWeiは、プレッシャーをかけながら前に出て、単発の左フックやボディーなどのパンチで攻め、前蹴りで慶二郎との距離を取る。
2R、早いステップを使い、ローからパンチを当てる慶二郎に対し、引き続きパンチで前に出るWei。慶二郎が首に持ち込むと肘を当てる。
3Rに入っても変わらずプレッシャーをかけながら前に出るWeiに対し、ステップからロー、パンチで応戦する慶二郎。Weiにこかされるも更に足を使いながらパンチで攻める慶二郎。3R終了間際にパンチで打ち合う両選手。
3R終了後の判定は、ジャッジ一人が29-28で慶二郎に付けたが、ジャッジ二人が29-29でドロー、1R延長へ。
延長Rでは、引き続きプレッシャーをかけるWeiに対し、周りながらパンチ、ローを蹴る慶二郎。ローとステップワークでWeiを寄せ付けない慶二郎。ローが効いたのかWeiの動きが止まる。
延長Rの判定は三者とも慶二郎に。WBCムエタイ インターナショナル チャレンジ戦は慶二郎が勝利した。

 

『Kunlun Fight 4』は中国のプロモーションで中国以外の国でも現地プロモーターと合同で興行を開催し、ライブで中国にて放映されている。今回のマニラ興行では中国の選手男子は全敗、女子は2人共勝利した。

 

第10試合 WBCムエタイ インターナショナル チャレンジ 61.5kg級 3分3R
 ○宮越慶二郎(日本)
         VS
 ×Wei Ninghun(中国)

 

情報提供:JPMC

<< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です