2014年10月28日 WBCムエタイ世界王座に挑む梅野源治の対戦相手が変更! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2014年10月28日のニュースです。

2014年10月28日ニュース

WBCムエタイ世界王座に挑む梅野源治の対戦相手が変更!

 

11月15日に開催される『NJKF 2014 8th』(東京・後楽園ホール)で大和哲也(大和)とともにWBCムエタイ世界王座に挑む梅野源治。当初は10月14日に行われた記者会見でヨックウィッタヤ・ペッチシームエン(タイ)との対戦が発表されたが、対戦相手がジョムピチット・チュワタナ(タイ)に変更となった。

 

ジョムピチットは1994年11月20日生まれの19歳。昨年ラジャダムナンスタジアム フェザー級王座を獲得しているオーソドックスの選手で、ここまでの戦績は80戦59勝17敗4分。ラジャダムナンの王座を獲得したのはフェザー級だが、最近はスーパーフェザー級契約でランカーに勝利し、梅野が対戦予定であったヨックウィッタヤにも勝利を上げているという。ミドルを巧みに駆使するテクニシャンタイプの選手だ。
急遽の対戦相手変更に見舞われた梅野だが、これに揺るがず日本人初のWBCムエタイ世界王者となることができるのか!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です