2015年08月17日 『NJKF 2015 6th』で悠矢vs皇治と前田浩喜vs知花デビッドが決定! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2015年08月17日のニュースです。

2015年08月17日ニュース

『NJKF 2015 6th』で悠矢vs皇治と前田浩喜vs知花デビッドが決定!

INNOVATIONとの共催となる『NJKF 2015 6th』(09月27日、東京・後楽園ホール)において、新たなWBCムエタイ日本統一王座タイトルマッチ2試合が決定した。行われるのはスーパーフェザー級とバンタム級の2階級で、どちらも前王者の引退に伴う返上により、王座決定戦となる。

 

 

スーパーフェザー級ではNJKF同級王座を戴冠以来、激闘を連続している好調・悠矢(大和)が、HEATライト級王者で初代TRIBELATEスーパーフェザー級王者でもある皇治(SFK)と対戦。両者は13年12月にHEATライト級王座を懸けた1dayトーナメントの決勝で対戦しており、皇治が延長判定勝ちで戴冠。悠矢にとってはリベンジを期す対戦となる。

 

 

バンタム級王座決定戦はNJKF同級王者・前田浩喜(CORE)とINNOVATION同級王者・知花デビッド(ワイルドシーサー群馬)の王者対決。サウスポーから左の攻撃が冴える技巧派・前田と、04月に右ハイで3度のダウンを奪う圧勝でINNOVATION王座を奪取した知花がベルトを争う。