2016年05月12日 牛若丸昌彦×hayato インタビュー! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2016年05月12日のニュースです。

2016年05月12日ニュース

牛若丸昌彦×hayato インタビュー!

『DUEL.6』(05月15日、東京・大森ゴールドジム)でのメインイベントは牛若丸昌彦(VERTEX)とhayato(FOKAIJAPAN)による交流戦が行われる。”NJKFキラー”を目指すhayatoを牛若丸が阻止する図式が出来上がった。両者が試合を前にした声を聞いた。尚、セミファイナルの守屋将(新興ムエタイ)×淳士(OGUNI)は守屋の怪我で中止になった。

 

牛若丸昌彦 

――初のメインイベントになりますが、まずは今回の試合に向けての意気込みをお願い致します。
牛若丸 『メインイベントでやらせてもらえるのは本当に嬉しく光栄な事なんですけど、特にそこは意識していません。とにかく自分の全力を出し切って、勝つ事しか考えていません。』

 

――なるほど。牛若丸選手に勝った鈴木翔也選手にhayato選手に勝っています。その辺は意識してますか?
牛若丸 『そのような結果になりますが、そこも全く意識してないです。自分の力を出しきるだけです。無心の牛若丸で戦います。』

 

――最後に自分をアピールする意味込めて、意気込みお願い致します。
牛若丸 『全力で精一杯戦います。応援よろしくお願いします!』

 

hayato 

――初のメインイベントになりますが、まずは今回の試合に向けての意気込みをお願い致します。
hayato 『今回、メインで試合をしますが気負わずにリラックスしながら試合を楽しみたいと思います。』

 

――hayato選手はNJKFの選手との対戦が多いですが、どのような心境ですか?
hayato 『昨年02月のNJKF興行で現NJKFフェザー級王者の鈴木選手を倒した際に慢心してしまい、練習量が減りその後、鈴木選手と同じジムの関根選手にダウンをとられて負けてしまいました。それから、自分の苦手な蹴りを克服しようと練習を積んできました。自分はキックボクシングよりもムエタイが好きなのでこの団体でどこまでやれるか挑戦してみたいです。』

 

――そうするとhayato選手は”NJKFキラー”を目指す勢いですか?
hayato 『そうですね。NJKFキラーを目指します(笑)。同階級のランカーはどの選手とやっても自分が強いので、今回まず牛若丸選手を倒します。』

 

――最後に自分をアピールする意味込めて、意気込みお願い致します。
hayato 『判定ではなく、KOで皆さんが楽しめるような試合をします。』