2016年08月10日 『NJKF 2016 6th』でミネルヴァ2試合が決定! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2016年08月10日のニュースです。

2016年08月10日ニュース

『NJKF 2016 6th』でミネルヴァ2試合が決定!

『NJKF 2016 6th』(09月17日、東京・後楽園ホール)でNJKF女子部門「Minerva(ミネルヴァ)」の2試合が追加対戦カードとして決定した。 

 

麻衣(TEAM武心會)とkaoru(ZERO)とNJKF所属選手同士の対決。麻衣はハイキックを得意とし「美少女キックボクサーとして」として西日本のリングで活躍。02月には三宅芳美(take1)、04月には難波久美(契明ジム)とベテラン選手2人に勝利し、ミネルヴァ スーパーフライ級のベルトを巻いた。「後楽園ホールで試合するのが夢だった」と言う麻衣だが、王者になった初戦で憧れの地での試合だけにモチベーションも高いだろう。

 

一方のkaoruは打ち合いを得意とするファイタータイプ。kaoruにとって王座挑戦に向けて試金石となる一戦。この一戦で現役王者を倒し一歩前進することができるか?

 


 

もう1試合は美優美(錬武館上尾道場)が返上したスーパーバンタム級のベルトをUKF女子イーストアジア バンタム級王者の小田巻洋子(WSR池袋)と元J-GARLSフライ級王者の杉貴美子(TenCloverGym)が争う。

 

07月03日の『DUEL.7』のリング上でカードが発表されると杉が「そのカワイイ顔を自分のパンチで殴って倒したいと思います。」と言えば小田巻が「私はムエタイスタイルなのでパンチが届かない距離で主導権を握って頑張ります。」と返した。

共に自分のスタイルを熟知している両選手だがミネルヴァ王者になるのはパンチの杉か?蹴りの小田巻か?