MVP

NJKF2022 4th 岩橋伸太郎・羅向 試合直前インタビュー

『NJKF 2022 4th』(11月13日、東京・後楽園ホール)トリプルセミファイナルⅡでは、岩橋伸太郎(エスジム)vs 羅向(ZERO)のNJKFライト級タイトルマッチ/WBCムエタイ日本統一ライト級挑戦者決定戦が行われる(3分5R)。
 粘り強い戦いで5月に王者となった岩橋は初防衛戦。王者にとって鬼門となる初防衛戦だが、高い殺傷能力を持つ難敵・羅向を迎え撃つ。「泥試合に持ち込んで苦しめやろうと思ってます」と語る岩橋に対し、「チャンピオンとしては力不足。微妙な選手だと思ってます」と切り捨てる羅向。下馬評のまま挑戦者が飲み込むか、あるいは王者が覆すのか。


■岩橋伸太郎(エスジム/NJKFライト級王者)
「泥試合に持ち込んで苦しめてやろうと思う。下馬評をひっくり返して、羅向選手をぶっ倒して名前を売りたい」

――5月の王座奪取から初防衛戦となる試合が近づいてきました。どんな心境ですか?
岩橋 負けたら失うものは大きいですけど、相手がサウスポーということで、そこを意識した練習はできているので、そこまで不安は感じてないです。仕上がりも悪くないかなと思ってます。

――負ければベルトを失うのがタイトルマッチの宿命とはいえ、普段の試合と比べ一層プレッシャーが大きいと思います。練習の具合はどうですか?
岩橋 いつも練習はしっかりこなしているんですけど、練習を長くやればいいとか、量をたくさんやればいいっていうものじゃないのはもう分かっているので、今回はサウスポーの相手を新しく探したり、トレーナーもサウスポーの人に頼ったり、そういうところはいつも以上に気を遣ってます。

――そんな対戦相手・羅向選手の印象をお願いします。
岩橋 映像を見ると結構パンチで倒しているので、1発をもらわないようにっていうところと、そこを上手くしのいで泥試合に持ち込めればこっちのペースになるかなと思っているので、苦しめてやろうと思ってます。

――たしかに岩橋選手の持ち味である混戦に持ち込めば分がありそうです。
岩橋 それでも腹を効かされちゃったり、いいのをもらったら根性だけではどうにもならないので、その前にこちらが効かされないよう気をつけています。先にこちらが削りに行くような戦いをしなければいけないし、泥臭い方向に持っていくのがベストかなと思っています。

――戦い方のイメージ、戦略もできているようですね。
岩橋 不安がないって言ったらウソになるかもしれないですけど、やるべきことは淡々とやってるかなと思ってます。

――それでは改めて、試合へ向けての意気込みとご覧になる方たちへのメッセージをお願いします。
岩橋 戦績とかも向こうの方が全然上だし、今までNJKFを見てこられた方からしたら羅向選手が勝つんじゃないか、いわゆる下馬評で言ったら向こうの方が高いのかなと思っています。でも、そこをひっくり返してやるような試合といいますか、勝ちっぷりを見せてやりたいっていう思いがあります。ここで羅向選手をぶっ倒して名前を売ってやろうっていう気持ちもあるので、注目してもらえればと思います。

■羅向(ZERO/NJKFライト級1位/WMC日本ライト級王者)
「人生変えるつもりで格闘技をやる。目指すところが今のチャンピオンとは違うので、僕だけ見てれば間違いない」

――タイトルマッチが目前に迫り、仕上がりはどうでしょう?
羅向 全然今回もしっかりできてます。今回は特に何もなくって、次控えてる試合が大事なので自分の中では調整じゃないですけど、次の試合を見越した追い込みという感じです。

――ベルトに挑む心境はいかがですか?
羅向 自分が格闘技を頑張ろうと思った憧れの選手がいて、その人もNJKFのライト級でやっていて、17ぐらいから面倒を見てもらってるんです。格闘技を辞めようかなって思った時もその人に止めてもらったり、その人がいたからここまで格闘技をやってきたっていうか。その先輩がNJKFライト級のベルトを獲れなかったんです。

――羅向選手のセコンドで、ライト級ランカーの智也(VERTEX)選手ですね。
羅向 周りの人たちから「羅向と智也は兄弟みたいだ」とか「本当に仲いいね」とか言われて、本当に常に一緒にいて可愛がってもらっています。その智也さんが獲れなかったベルトなので、そういう思い入れが強いです。

――それだけ智也選手との絆が強いと。
羅向 本当に俺には何もなかったんです。高校を退学になって仕事をしたけど、どの仕事もあまり続かなくて、高校を退学になってから格闘技を始めて智也さんに会って。煙たがられるじゃないですけど、あんまり大人に褒められたことがなかったんです。でも智也さんは初めて自分を認めてくれたっていうか。なんかずっと兄貴みたいな存在です。今後いつ引退するか分からないですけど、俺の格闘技ライフは智也さんとともにあるし、智也さんの代わりじゃないですけどライト級を引っ張っていけるようになっていきたいです。

――チャンピオンの岩橋選手はどのように見ていますか?
羅向 ちょっとチャンピオンとしては力不足なんじゃないですかね。負けたら頭丸めます(笑)。タフだと言われてますけど、誰と戦ってきたのかなって感じです。勝ったり負けたり、微妙な選手だなと思ってます。

――ベルト奪取へ改めての意気込み、ファンへのメッセージをお願いします。
羅向 本当に人生変えるつもりで格闘技をやるつもりです。目指すところが今のチャンピオンとは違うと思うので、僕だけ見てれば間違いないです。


『NJKF 2022 4th』
日時:2022年11月13日(日)
OPEN 17:00/START 17:30
場所:東京・後楽園ホール



《チケット料金》
RS席:前売 15,000円 / 当日 15,500円
S席:前売 8,500円 / 当日 9,000円
A席:前売 5,500円 / 当日 6,000円
B席:前売 4,500円 / 当日 5,000円



《チケット販売》
▪️チケットぴあ:https://t.pia.jp/pia/search_all.do?kw=NJKF
▪️後楽園ホール:03-5800-9999(営業時間:10:00〜19:00)
▪️NJKF事務局:TEL 046-205-9350
出場選手所属ジム:各自、お問い合わせください!



緊急事態宣言などによりイベントを中止または延期の場合がございます。
会場では「新しい応援様式」へのご協力をお願い致します。
【声援は拍手で/マスク着用】