2015年07月06日ニュース キックボクシング ムエタイ・ニュージャパンキックボクシング連盟

ニュージャパンキックボクシング連盟

2015年07月06日ニュース

テヨン×石井達也インタビュー!

『NJKF 2015 5th』(07月20日、東京・後楽園ホール)では、02月興行のニモvsHIROYUKI戦に続き、テヨンvs石井達也のNJKFvs新日本キックボクシング協会交流戦が行われる。NJKFが誇る激闘ファイター・テヨンが、キャリアに勝る新日本キックの元王者を迎え撃つ。

テヨン――新日本キックからの刺客・石井選手との対戦が近づいてきました。
テヨン 『相手は新日本キックの強い選手で、まさかやるとは思っていなかったので最初はビックリしました。』

――対戦を予想する相手ではなかったと。
テヨン 『石井選手はライト級ですし、“この人とはやるんだろうな”っていうことは考えもしませんでした。でも新日本キックは当日計量なので、上に1つ(階級を)上げるのがちょうどいいぐらいで、それで今回決まったのかなと思いました。前回ニモさんが藤本ジムのHIROYUKI選手と試合をして今回になるので、藤本ジムとキングジムがまた戦うという構図もあって、特に僕は気にしていないんですけど、負けっぱなしは嫌だなっていうのももちろんあるので、勝っていい方向に行ければと思います。挑戦者の気持ちで行きます。』

――石井選手の試合はご覧になっていますか?
テヨン 『サウスポーなので、そこら辺の対策を多めに練習しています。ただ、サウスポーにはあんまり戦績よくないんですよね(苦笑)。なので、何とかそこを払拭する試合になればと思います。やってみないと分からない点も多いんですけど、向こうの左を警戒しつつ、僕の攻撃が当たるよう練習しているので、そこが試合でハマればと思います。石井選手はものすごくキャリアがあって強い選手だと思っているので、自分からぶつかって、3Rしかないので自分で展開を作っていけるよう、面白くできるよう頑張りたいです。』

――テヨン選手はそういった挑戦者の、挑む気持ちで行った方がいい試合が多いですね。
テヨン 『今年は2回しかやってないですけどまだ負けていなくて、なるべく今年は負けたくないので、ここはすごく難関だと思ってますけど、しっかりクリアして次に進みたいです。今年はWBCムエタイ日本王座の防衛戦があると言われているので、負けるといろいろ言われちゃうし、防衛戦にもしっかり繋げたいと思ってます。』

石井達也――キャリアの長い石井選手ですが、他団体のリングは初となりますか?
石井『そうですね、もう完全に初めてです。以前海外とかでやったことはあるんですけど、今回は協会を代表して出る形でもあるので下手な試合はできないし、逆に協会での試合よりアウェーで燃えてます。モチベーションはすごく高いです。テヨン選手もNJKFの看板選手なので、すごく楽しみです。』

――試合はご覧になっていますか?
石井『動画を見たんですけど、ほとんどKO勝ちばかりしてるからすごく強い選手だなと思って、似たような選手・タイプの選手とスパーリングをして、対策を考えながらやってます。』

――印象はどうでしょう?
石井『スピード・キレがあって、なおかつパワーもある。戦ったら厄介そうだなっていう感じです。僕は今までライト級で戦っていて、今回がスーパーライトに上げて3回目の試合なんですけど、ああいうタイプでもう少し小さい感じの人とはやったことがあるんですけど、テヨン選手ぐらい大きくて、あれぐらいパワーがある人は初めてかもしれないです。』

――ライトからスーパーライトに階級を上げて、何か違いは感じられますか?
石井 『ライトの時はほんと減量でパワーが出なくて、試合中も練習でできた動きができなかったりっていうことが多かったんですけど、スーパーライトに上げて体はすごく動くようになりました。今回は前日計量だし64kg契約なので、減量はそんなにキツくないと思います。』

――どんな試合になるでしょうか。
石井 『テヨン選手はおそらくパワーで来て、技術vsパワーっていう感じの試合になると思います。もちろんテヨン選手も技術はありますけど、そういう構図になるのは予想がついているので、その技術とパワーの試合を見てほしいです。』

――改めて最後に試合の意気込みをお願いします。
石井『今回はほんと新日本から殴り込みみたいな感じなので、すごく燃えてます。アウェーですけど、ひと暴れしてやります。』

<< 前のページに戻る

NJKF事務局

東京都豊島区池袋本町1丁目7-1
池袋本町ビル 301
TEL:03-6912-7247
FAX:03-6912-7248
MAIL:njkf@nifty.com

チケット販売


NJKF若武者会

↑ PAGE TOP