MVP

NJKF 2022 2nd 洋輔YAMATO、野津良太  試合直前インタビュー

洋輔YAMATO VS 野津良太

『NJKF 2022 2nd』(6月5日、東京・後楽園ホール)、ダブルセミファイナルⅡではNJKFウェルター級タイトルマッチが行われ、王者・洋輔YAMATO(大和)に挑戦者・同級1位の野津良太(E.S.G)が挑む。両者は19年9月に対戦しており、洋輔が3-0で判定勝ち。野津はライト級時代にも王座へ挑むがドローで王座奪取に至っておらず、今回はリベンジと初戴冠を懸ける。対して初防衛戦の洋輔はKO勝利で自身が描く“チャンピオン像”を体現せんとする。アグレッシブな戦いを誓う野津と、KO宣言の洋輔、激闘の予感が漂う。

■洋輔YAMATO(大和/NJKFウェルター級王者)
「KOで“チャンピオン”という座を見せつける。今は他の団体も3分3Rなので、3R中にKOする。5R戦うつもりはない」


――NJKF王座の初防衛を懸けた試合が近づきました。どんな心境ですか?
洋輔 調子も仕上がりもバッチリです。防衛を淡々としている人って少なくて、よく「防衛戦は難しい」って言われますけど、僕は“防衛”っていう気持ちはあまりないです。チャンピオンになってからなかなか思うような試合ができていないので、今回はしっかり王者らしくKOで勝って、“チャンピオン”っていう座を見せつけようと思ってます。

――洋輔選手が思う“チャンピオン”とはどういった存在であるか教えてください。
洋輔 KOが多くて、“この選手は強いな”って思われる選手がやっぱり一番王者だなって思います。僕はチャンピオンになってから勝っても判定とか、KOで負けたりっていうことが続いているので、今回からスタイルを変えKOしていこうと思ってます。

――では、スタイルチェンジをして今回の試合に臨む?
洋輔 戦い方は昔より変えてきてます。今回はKOしようと思って、KOをイメージして常に練習してきているので、KOのイメージはもうできています。

――野津選手の印象をお願いします。
洋輔 一度やって判定で勝ってる相手なんですけど(19年9月、66㎏契約で洋輔が3-0の判定勝ち)、前回は僕が首相撲でコカしたり、勝ちに徹底した戦い方をしました。気持ちが強い選手かなって思います。圧力を掛けて来るのが嫌で、僕もそれに押されず前に出ようと意識してやりました。

――その後の野津選手の試合は見てますか? また今回はどんな試合を見せてくれますか。
洋輔 最近の試合も見てます。アグレッシブさ、しぶとさはあるし、カウンターを狙ったり自分の距離で戦うのを意識してるのかなって思いました。今回は僕が防衛で、向こうは挑戦者としてベルトを獲りに来るので、かなりアグレッシブに来るかと思うので、そこは警戒してます。ただ、そのアグレッシブさを逆にKOしたろかなって思います。

――タイトルマッチで5R戦となりますが、これに関してはいかがでしょう。
洋輔 5Rは特に問題ないかと思ってます。練習も基本ミットは4、5Rばっかりなので、体は5Rに作ってきてます。ラウンド数はあまり気にしてないし、自分のよさが出せるのはあるんですけど、今は他の団体も基本3分3Rなので、その3R中にどこかでKOしようと思ってます。3R以内に。5R戦うつもりはないです。

――力強い、KOでの防衛宣言ですね。ファンの方たちへもメッセージをお願いします。
洋輔 初防衛戦になるのでKOで終わらせて楽しい試合をしますので、応援よろしくお願いします。


■野津良太(E.S.G/NJKFウェルター級1位)
「脱水状態だったライト級からウェルター級に上げ全力で試合ができるようになった。積極的、アグレッシブに戦ってリベンジする」


――王座に挑む試合が迫り、仕上がり具合はいかがでしょうか。
野津 完璧です。ライト級の時は減量が辛くて大変だったんですけど、階級をウェルター級に変えてから完璧になりました。

――ライト級の時はどんな感じだったのですか?
野津 ライト級の時はもうほとんど飲まず食わずで1ヵ月練習して、っていう感じでした。だから練習もやるんですけど、ほとんどできてなくて。でもウェルター級になってからはあまり減量がない状態なので練習もしっかりできて、全力で試合ができる感じです。今の方が練習してる通りに動けると思います。

――ライト級時代の試合の様子も教えてください。
野津 ほとんど足が動かない状態だったので気力で試合をする感じでした。日常生活も辛くて仕事もミスとか多くなっちゃったので、それでウェルター級に変えた感じです。前は試合が決まると気持ちが辛かったんですけど、今は練習が楽しいです。(減量は)前は12キロとかです。ほとんど水抜きで、ほんと丸一日掛けて水抜きみたいな感じでした。脱水症状で手足がピリピリするぐらいで。体調も戻らなくて、感覚があまりよくない感じで戦ってました。もう体重を作るのでいっぱいいっぱいでした。

――今回ウェルター級に変え再びタイトルに挑みますが(※19年6月、NJKFライト級王座に挑むもドローで王座奪取ならず)、どんなお気持ちですか。
野津 ベルトも巻きたいですけど、1回負けてる相手なので“同じ相手に2回負けたくない”っていう気持ちの方が強いです。

――1度対戦している洋輔選手ですが、印象をお願いします。
野津 すごくタフな、パワーがあるよう感じました。でもウェルターになってからもう3戦ぐらいしているので、たぶんパワー負けはしないんじゃないかと思います。

――前回戦った時と今回を比べ、ご自身の変化・成長はいかがでしょう。
野津 技術もそうですし、フィジカル的にも2年前より上がっているので、いい勝負ができると思います。今回はリベンジしようっていう気持ちが強いので、全ラウンド倒しにいくような、積極的に、アグレッシブに戦いたいと思います。そうやってアグレッシブに行った試合の方が結果もいいですし、内容的にもいい試合が多いと思います。今回は気持ちも体もいい感じです。

――それでは改めての意気込みやご覧になる方たちへのメッセージをお願いします。
野津 前回ベルトを巻くのを失敗していて、今回は必ず巻くので応援よろしくお願いします。今回必ず獲る意気込みです。


『NJKF 2022 2nd』
日時:2022年6月5日(日)
OPEN 17:00/START 17:30
場所:東京・後楽園ホール



《チケット料金》
RS席:前売 15,000円 / 当日 15,500円
S席:前売 8,500円 / 当日 9,000円
A席:前売 5,500円 / 当日 6,000円
B席:前売 4,500円 / 当日 5,000円



《チケット販売》
▪️チケットぴあ:https://t.pia.jp
▪️後楽園ホール:03-5800-9999(営業時間:10:00〜19:00)
▪️NJKF事務局:TEL 046-205-9350
出場選手所属ジム:各自、お問い合わせください!



《お問い合わせ》
ニュージャパンキックボクシング連盟 事務局 
TEL 046-205-9350
FAX 046-210-3083
E-Mail:njkf2019@gmail.com



緊急事態宣言などによりイベントを中止または延期の場合がございます。
会場では「新しい応援様式」へのご協力をお願い致します。
【声援は拍手で/マスク着用/飲酒禁止】