NJKF 2021 1stミネルヴァ6選手 のコメントと見所解説 | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

「NJKF2021 1st」(2月12日、後楽園ホール)ではスーパー高校生のKAEDEvsHIPHOPダンスファイターの櫻井梨華子、ライトフライ級ではともに好戦的な真美vsERIKO、親子ファイターの佐藤“魔王”応紀vs4戦4勝(3KO)のルイ、女子ミネルヴァの3試合が行われる。加熱するミネルヴァをさらに賑わすのはどの選手となるか。各選手の意気込みを竹越義晃ミネルヴァ実行本部長の見どころ紹介とともにお届けする。

 また、非常事態宣言の延長を受け大会の開場時間が17時から16時に、開始時間が18時から17時へ、それぞれ1時間ずつ繰り上げとなった。

『NJKF 2021 1st』
2021年2月12日(金)
東京・後楽園ホール
OPEN 16:00 START 17:00



■KAEDE「自分らしく圧倒的に勝つのがテーマ」
「昨年は負けを味わって本当に悔しい年になってしまいました。でも、その負けで学ぶこと・学ばないといけないことも分かりました。
 櫻井選手はインスタを見てダンスがめっちゃ上手いなって思ったのと身体がしっかりしてるなと思いました。なので相手の圧力に負けないように練習しています。今回は自分らしく圧倒的に勝つのがテーマで、面白い試合をしたいです。
 今年は去年より成長した自分を見せるので応援よろしくお願いします!!」

■櫻井梨華子「私はHIPHOPダンスとK-1を融合させて戦うファイター」
「私はHIPHOPダンスとK-1を融合させて戦うファイターで、得意技はステップ、ボディブロー、右フックです。
 昨年はケガによる初めての手術、リハビリ、コンディショニング調整など、勉強することが多く、年末には強豪相手に勝利できた実りある年でした。
 今回はミネルヴァルールで試合するのが初めてで、組みの対策はもちろん、組みついてグダグダになりたくないので“魅せて倒す”ができるよう日々鍛錬しています。
 KAEDE選手は手足が長く攻撃が鋭いムエタイファイターという印象です。今回は“自分らしく楽しんで戦う”がテーマで、“櫻井梨華子はチャンピオンになるな”と思ってもらえるよう頑張ります。
 倒せる打撃力とファイティングスピリットを発揮して、入場から試合、退場まで全てを楽しんでもらいたいです。その上でインパクトを残してKO勝利したいです。
 いつも応援してくださる皆様、本当にありがとうございます。今年一発目、全力で戦います!! 2021年、櫻井梨華子をよろしくお願いいたします」

■竹越義晃ミネルヴァ実行本部長の見どころコメント
「櫻井選手のパンチをKAEDE選手がムエタイで迎え撃つ」
「アマチュア時代に数々のタイトルを獲得し、言わずと知れた実力者「星野姉妹の妹」で、現役女子高生ファイターのKAEDE選手。
 対戦相手である櫻井梨華子選手は元K-1アマュア王者で、昨年は北海道に乗り込み、キャリアで上回る地元の熊谷麻理奈選手(ウィラサクレック・フェアテックス札幌)に勝利しています。
 櫻井選手が突進力を活かし得意のパンチで攻撃を仕掛け、KAEDE選手がムエタイスタイルで迎え撃つ展開を予想します」

▼第5試合 ミネルヴァ スーパーバンタム級 2分3R
KAEDE(LEGEND/ミネルヴァ スーパーバンタム級2位)
 vs
櫻井梨華子(優弥道場/第3回・第5回K-1アマチュア女子55㎏全日本優勝)




■真美「気持ちの強さを見せたい」
「私は気持ちは強く前に行くタイプです。
 昨年は“勝つって本当に難しいことだな”って考えさせてくれた1年でした。でも、“変わらなきゃ目標に届かない”とも気付かさせてもらいました。今年からは全勝で行きます!
 今回の試合へ向けては首相撲、フィジカルを強化してきました。
 対戦相手のERIKO選手は打撃を受けても前に来る印象なので、後ろに引かずどれだけ楽に打撃を出せるか。自分の持ち味は前に行くことですが、それはERIKO選手も同じだと思うので、グチャグチャな試合にならないようにしたいです。綺麗に戦いたいと思います。パンチだけに頼らずいろいろな技を出して勝ちたいです。
 コロナ禍でいろいろ大変かと思いますが私の試合を観て皆様を元気にします。初めてのお客様には気持ちの強さを見てほしいです。今まで見てくれていた方たちには“今までの真美とは違う!”って思わせたいと思います。必ず勝ちます! 応援よろしくお願いします」

■ERIKO「倒すのがテーマ、KOで勝ちたい」
「私はパンチ主体のファイターです。昨年は勝つことにこだわった1年でした。
 真美選手はパンチ主体の選手で、基礎を高める練習をしてきました。
 今回は倒すのがテーマでKOで勝ちたいです。応援宜しくお願い致します」

■竹越義晃ミネルヴァ実行本部長の見どころコメント
「2人にとってベルトへの分岐点」
「真美選手はKrush など様々な団体の強豪選手達と対戦し、経験も豊富な実力者。ERIKO選手からすると今まで対戦した中で一番修羅場をくぐってきた相手になると思います。
 お互い『ベルトを獲る』と口を揃えているだけに、2人にとってこの試合が大きな分岐点になるのかなと思います。勝敗はもちろん、内容が問われる一戦になります」

▼第2試合 ミネルヴァ ライトフライ級 2分3R
真美(team immotaL/ミネルヴァ ライトフライ級3位)
 vs
ERIKO(ファイティングラボ高田馬場/ミネルヴァ ライトフライ級6位)




■佐藤“魔王”応紀「同年代の女性・お母さんに頑張ってもらえるよう私も頑張る」
「私は何があっても前に進むファイターで、得意なのはパンチです。
 昨年はIMARI選手と年末に試合をさせて頂いて、次に何をやらなくてはいけないか明確になった部分が沢山ありました。とてもいい経験をさせて頂いて、もっと緊張感を持って練習もしていかなければならないと思いました。去年の試合では出せなかったところを今回の試合では出せるように考えながら練習に取り組んでいます。
 相手のルイ選手はリーチが長く、ヒザなどがとても上手いなと思いました。そんなリーチ差がある相手に対して、どう自分がポジションを取って攻撃するかがテーマです。
 誰がどこから観ても『魔王の勝ちだ』と言われる試合をしたいです。同年代の女性・お母さん方に頑張ってもらえるように私も頑張ります!! 子どもと同じ舞台で闘えることをお見せします。応援よろしくお願いいたします!!」

■ルイ「“まだこんなに強い選手がいたんだ”とインパクトを残したい」
「私はアグレッシブなムエタイスタイルのファイターで、ヒジとヒザが得意です。
 2020年は思ったような試合数はできなかったですが、自分の体のメンテナンスに力を入れることができたので2021年に向けていい土台を作ることができたと思います。
 試合前は通常通りミット、スパーリング、ランニング、首相撲、サンドバックの練習を積んできました。
 魔王選手はパンチとローキックをたくさん打つイメージを持ってます。ハートがとっても強い選手だと思います。今までやってきた試合は全てムエタイルールなので 今回はミネルヴァルールでムエタイスタイルを見せるのが目標です。綺麗なムエタイテクニックを見せて勝ちたいです。
 いつも応援ありがとうございます!“まだこんなに強い選手がいたんだ”とインパクトを残せるようにしたいです。最高な試合を見せられるように頑張ります!」

■竹越義晃ミネルヴァ実行本部長の見どころコメント
「前に出続ける魔王選手vs冷静にテクニックのあるルイ選手」
「魔王選手は昨年『REBELS.69』でIMARI選手とのSフライ級挑戦者決定戦に敗れてからの復帰戦となります。対戦相手のルイ選手は4戦4勝(3KO)とパーフェクトな戦歴の持ち主です。KO率は高いですが冷静に試合を運び、非常にテクニックのある選手です。
 魔王選手の前に出続ける気持ちの強さと、ミネルヴァ初参戦のルイ選手がミネルヴァルールに対応できるかが鍵になると思います。勝敗予想が難しいですが、どちらが勝つにしろ非常に激しい試合になるでしょう」

▼第1試合 ミネルヴァ スーパーフライ級 2分3R
佐藤“魔王”応紀(PCK連闘会/ミネルヴァ スーパーフライ級3位)
 vs
ルイ(クラミツムエタイ)



NJKF 2021 1st
2021年2月12日(金)
後楽園ホール
開場:16時  /  開始:17時



《チケット料金》
SRS席:前売 20,000円 / 当日 20,500円
RS席:前売 15,000円 / 当日 15,500円
S席:前売 10,000円 / 当日 10,500円
A席:前売 7,000円 / 当日 7,500円
B席:前売 5,000円 / 当日 5,500円



《チケット販売》
チケットぴあ:TEL 03-5237-9999、0570-02-9977 (全国共通)http://t.pia.jp/
e+:http://eplus.jp/njkf/ ファミリーマート店内Famiポート
NJKF事務局:TEL 046-205-9350
出場選手所属ジム:各自、お問い合わせください!



《お問い合わせ》
ニュージャパンキックボクシング連盟 事務局 
TEL 046-205-9350
FAX 046-210-3083
E-Mail:njkf2019@gmail.com