YAYA、無敗の新鋭KAEDEを撃破! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

YAYAウィラサクレック
「強敵の☆SAHO☆選手に勝って本当のチャンピオンになりたい」

『NJKF 2020 3rd』(9月12日、東京・後楽園ホール)でKAEDEを破り、S1レディース バンタム級ジャパントーナメントで決勝に進出したYAYAウィラサクレック。優勝候補の☆SAHO☆との対戦となるが、国内無敗の続行はなるか。



――延長まで至った接戦にして激闘でしたが、振り返っていかがですか?

YAYA 試合前の気持ちでは延長まで行くともちろん思っていなくて、自分がやろうと思っていたことができていればもうちょっと早い段階で倒すイメージではいたんですけど、厳しい戦いでした。リーチの長さがあるのは分かっていたんですけど、それプラス前蹴りで入らせないKAEDE選手の作戦がすごく有効で、それをただもらっていても印象が悪いので、もうひたすら前に出て印象を与えようという気持ちで戦っていました。

――YAYA選手の前進とそれを止めるKAEDE選手で均衡状態が続きましたが、どのように考え戦っていたのですか?

YAYA 1Rを終えてセコンドの話を聞いて、2Rから技の出し方を変えて、試合の最中に戦い方を組み直せたのはよかったかなっていうのがあります。1Rは前蹴りからパンチを出していたんですけど、KAEDE選手もそれは見えていて、パンチをよけられて当たらなかったので、相手の前蹴りを取ったり、足のすくいに変えたりして、そうしたらKAEDE選手がバランスを崩して倒れたりしていたので、そこでスタミナや印象が削れたのかなと思います。そういう変化ができたのはよかったと思います。

――YAYA選手の圧力がきいてきて、次第にKAEDE選手が疲弊していったように移りましたが、ご自身ではそのことを感じましたか?

YAYA 3RぐらいからKAEDE選手が疲れているところが見えたので、チャンスだなっていうところはあって、でも疲れていながらも前蹴りとミドルは飛んできていたので、私はもう前に出るしかない、前に出続けるっていう作戦を通した感じです。

――そういった厳しい戦いを制していかがでしょう?

YAYA 今はホッとはしているんですけど喜べる内容の試合ではなかったので、次がありますし、次に向けて今はもう始動しています。反省しかなかったし、ギリギリ判定で勝てたのはよかったんですけど、いろいろ対策を立てても上手くいかなかったし、次はもっとしっかりやらないと難しいっていうのは重々分かってます。

――今回KAEDE選手とは身長差がありましたが、決勝の☆SAHO☆選手も階級上の相手で体格差がありますね。

YAYA 大きいですね。あと手が長い。こないだの試合も強いのは分かっていましたが、やっぱり強いですね。

――そんな相手にどう戦いますか?

YAYA 今チームみんなで研究と対策をしています。向こうはスピードもパワーもテクニックもあって、パンチはスゴいですね。それで倒れるとは思わないんですけど、そこに対応できるよう対策を取って、パワーでは負けないと思ってますけど、パワーだけじゃ勝てないのも重々分かっているので、あと2ヵ月しっかりやりたいと思います。もちろん強いですけど、彼女にも隙はあるので、そこをしっかり狙っていけたらと思います。

――試合直後からさっそく決勝へ向けた取り組みをしていると。

YAYA もう休んでる場合じゃないですよ(笑)。2日間ぐらいはゆっくりさせてもらいましたけど、もうゆっくりもしていられないので。私がこのトーナメントに参戦した理由はもちろんベルトを獲るためで優勝しなければ意味がないので、相手が強敵の☆SAHO☆選手ではありますけど、勝てば本当のチャンピオンになれると思うので、この2ヵ月もうそれだけを考えて戦っていきたいと思っています。