2009年12月26日 01月24日の後楽園興行、4カード決定! | NJKF | ニュージャパンキックボクシング連盟

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2009年12月26日のニュースです。

2009年12月26日ニュース

01月24日の後楽園興行、4カード決定!

60kg契約 3分5R
 羅紗陀 (キング) WBCムエタイルール日本&NJKFスーパーフェザー級王者
         VS
 前田尚紀 (藤原) 元全日本フェザー級1位

 

2009年を4戦3勝1分と負けなしで乗り切り、押しも押されもせぬ連盟の看板選手となった赤十字竜。昨年末には日本赤十字連盟からの抗議により、デビュー時からのリングネームを改めざるを得なくなるという予期せぬ事態に見舞われましたが、 この度、新リングネームは【羅紗陀(らしゃた)】に決定しました。これはタイの高名な占い師に命名されたラシャタに漢字を当てたもので超自然的なパワーをも秘めたリングネームです。

 

新たな名前のもと、さらなる力を得て奮闘する決意もこもっております。その羅紗陀が今回、迎え撃つのはKrushでの活躍も目覚ましい前田尚紀。NJKFのリングには09年01月の米田貴志戦以来1年ぶり。

 

前回はダウンを奪い合う大激戦の末に前田が勝利を収めており、羅紗陀にとってはNJKFとしてのリベンジマッチともなります。2009年12月11日の藤原祭りでは爆発的な攻撃で水落洋祐から1RKOを勝ち取った前田と2冠王で波に乗る羅紗陀がどんな激しい闘いを展開するか、是非ご期待ください!

 

59.5kg契約 3分5R
 心センチャイジム (センチャイムエタイ) WBCムエタイルール日本フェザー級王者
         VS
 岩井伸洋 (OGUNI) NJKFスーパーフェザー級2位

 

 昨年、アトム山田を破りWBCムエタイルール日本フェザー級王者となった心センチャイジムが12月23日の新宿FACE興行から約1ヶ月で連続出場!元NJKFフェザー級王者の岩井伸洋と新旧王者対決を闘います。両者の共通点は敬愛する長渕剛の曲を入場テーマ曲に使用していること。その点で以前からお互いに意識し合っており、試合はいっそう激しさを増すはず。2人の【長渕愛】も問われる一戦です。

 

NJKFウェルター級王座決定トーナメント準決勝 3分5R
 大和侑也 (大和) NJKFウェルター級5位
         VS
 為房厚志 (二刃会) NJKFウェルター級3位

 

NJKFウェルター級王者の健太がスーパーウェルター級に階級変更のため、ベルトを返上。新王者決定のため4人トーナメントを行います。今興行で準決勝を闘うのは、WBCムエタイルール王座決定トーナメントに代理出場し、ベテランの水町浩にKO勝利を収めた為房厚志と08~09年にかけて4連続KO勝利を収めていた大和侑也の新鋭2人。共に破壊力抜群のハードパンチを武器とするだけにKO決着は確実です。準決勝のもう一戦は03月のディファ有明興行で上田龍之介(キング)と高橋誠治(町田金子)の2人によって争われ、決勝は04月のディファ興行を予定しています。4人の平均年齢は22.5歳、いずれも10戦未満ながら高い勝率を誇る【次世代のエース候補】ばかりが集まったこのトーナメントは、まさに未来闘争。 王座だけでなくあらゆるものを懸けたぶつかり合いが見られることでしょう。

 

ヘビー級 3分3R
 中西裕一 (フリー) 元DEEPミドル級王者/パンクラスミドル級王者
         VS
 篤志 (ブリザード) NJKFヘビー級1位

 

2009年11月興行ではMAキックのランカーの高山博光を1RKOに葬り、ランキング1位に上り詰めた篤志。 空位の王座を自分のものとするには更にインパクトのある闘いが求められるところですが、そこにDEEPやパンクラスでベルトを巻いた総合の強者、中西裕一が立ち技初参戦の名乗りを上げてきました。格闘技界全体で進んでいる立ち技と総合のクロスオーバーがついにNJKFヘビー級戦線にも波及した形ですが、篤志はこの難敵を攻略できるのか?ヘビー級らしい闘いが期待されます。