MVP

NJKF2022 4th 岩浪悠弥・日下滉大 試合直前インタビュー

『NJKF 20224th』(11月13日、東京・後楽園ホール)トリプルセミファイナルⅢでは、岩浪悠弥(橋本道場)vs日下滉大(OGUNI-GYM)のWBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級王座決定戦が行われる(3分5R)。

 両者はアマチュア時代に対戦しており、日下が勝利。日下はこの試合に負けていればプロデビューはなかったと語り、再びプロでの大勝負で岩浪との対戦を迎える。
「WBCムエタイっていうすごく価値のある試合」(岩浪)、「僕の中でもWBCは特別」(日下)と、両者ともベルトへの熱い思いでぶつかる一戦。
世界に繋がるその後の道を開くのはどちらとなるか。


■岩浪悠弥(橋本道場/JKIスーパーバンタム級王者/WBCムエタイ日本統一同級3位)
「WBCムエタイはすごく価値のあるベルト。魂を込めた試合にしてもう1回獲りたい」

――試合が間近に迫り、仕上がり具合と心境はいかがでしょう。
岩浪 橋本道場で練習してればいつも仕上がってるような状態なので、気持ちも落ち着いてます。ここから最後、ミットのラウンド数が多くなったりするので、さらに仕上がっていく感じです。

――前回、7月10日に1年半ぶりとなる復帰戦を行い、INNOVATIONスーパーバンタム級王座を防衛しました。改めてこの試合を振り返っていかがですか?
岩浪 前回は久しぶりということもあって本当に緊張して、それが原因で力んじゃったり、“もっとできるはずなのにな”って思いながらスタミナもなくなっていき(苦笑)、なんとかギリギリで防衛できましたけど、すごく反省点の多い試合でした。

――ですが一度そういった状態を経験して、今回はもう大丈夫でしょうか。
岩浪 そうですね、やっぱり2回目なので、前回は練習中も“大丈夫かな”みたいな不安があったんですけど、その状態が結構減ってきたというか。今はいつも通りの状態で行けているので、試合も今まで通りに行けたらいいなと思ってます。今は悪い部分を削って、いい分を伸ばしてやってます。

――復帰第1戦の前は練習していても“動きが戻ってないな”と感じるところがあったのでしょうか。
岩浪 動き自体はそこまで不安はなかったんですけど、やっぱり自分の心境・精神面で、“久しぶりだから大丈夫かな”って不安が大きかったです。あれだけ試合が空くことがなかったので、かなり緊張しました。でも、今は前のような状態に戻ってきてるので大丈夫だと思います。

――対戦相手の日下選手についてお願いします。
岩浪 アマチュアの時に1度対戦していて、結構体重差があったんですけど僕が判定負けしているので、今回プロで対戦が決まって、リベンジっていう訳じゃないですけど、ちょっと意識しちゃうと思います。

――アマチュア時代に対戦があったので、その後も日下選手の動向は追っていたのでしょうか。
岩浪 NJKFのチャンピオンになってるなとか、そういうチェックはしていました。試合もYouTubeとかで見させてもらっていて、やっぱリーチがすごく長いので、距離の取り方がすごく上手で、それで勝ってきているイメージがあります。

――そういう長身の相手にどう戦いますか?
岩浪 橋本道場で自分より背が高い、リーチの長い選手がいて練習しているので、その辺はだんだん慣れてきました。大体みんなサウスポーでスパーリングをやってくれたりするので、本当にありがたいです。いい環境でできてます。

――では日下選手対策はできていると。
岩浪 そうですね、日下選手を意識した練習を進めてます。

――今回は王座決定戦であり、復帰第2戦、アマチュア時代のリベンジマッチでもありますが、岩浪選手の中ではどの側面が大きいですか?
岩浪 WBCムエタイっていうすごく価値のある試合で、ここを獲ると獲らないでは差が出てくると思うので、今は目の前の試合にすごく集中して、“何が何でも獲るぞ”という気持ちが強いです。

――改めての試合への意気込み、ファンの方たちへのメッセージをお願いします。
岩浪 WBCは僕もジュニアの頃から見ていたベルトで、フライ級の時にも獲ってはいるんですけど、またもう1回獲りたいなっていう気持ちがすごく大きいので、この試合のお話を頂いた時「やりたいです」ってすぐ答えました。この自分の気持ち、魂を込めた試合にして、熱い思いが伝わると思うので、その辺をしっかり見ていてほしいですし応援をお願いしたいです。

――WBCのベルトに懸ける思いはそれだけ大きいと。
岩浪 今までベルトを6本獲ったんですけどそれでもやっぱり欲しいと思うベルトなので、それだけ大きい試合なんだなって自分でも思うし、絶対獲りたいなって思ってます。前回の復帰戦みたいに空回りしないよう意識をしながら、熱い気持ちを持って練習しています。


■日下滉大(OGUNI-GYM/NJKFスーパーバンタム級王者/WBCムエタイ日本統一同級4位)
「WBCは僕の中でも特別なので練習に専念できる環境を整えてもらった。縁のある岩浪選手に勝って世界に繋げたい」

――試合が間近に迫り、仕上がり具合はどうでしょう?
日下 今回WBCということで、家族だったり職場に協力してもらって、練習に専念できる環境を整えてもらって、10月に入ってから仕事をしていないんです。なので、コンディションは本当に過去最高の仕上がりで来ているので楽しみです。

――それだけ必勝の体制を作って試合に臨むと。
日下 やっぱりWBCは世界まで繋がっているベルトで、獲ると獲らないじゃ全然違うので、今回は自分もわがままを言わせてもらって、もう練習とかケアだけ、24時間格闘技のことだけを考えています。僕も初めて周りに「こういう試合だからちょっとこうして欲しい」っていうのをお願いしました。

――周りのことを考えたら、なかなかそういうお願いも言い出せないと思います。
日下 そうですね、だからそこは自分でもよく言ったなと思います(苦笑)。ベルトもですけど相手の岩浪選手も強いですし、本当に今はそのことだけを考えさせてもらって毎日過ごしてます。

――その対戦相手の岩浪選手の印象についてお願いします。
日下 とにかく距離感とディフェンスが上手い感じです。いろんな人に研究してもらって、戦い方を練ってもらっています。でもベルトへの執念みたいのが勝ちに結びつくと思うので、本当に自分からガンガン行こうと思ってます。

――なんでも岩浪選手とはアマチュア時代に対戦経験があるそうですね。
日下 ちょうど10年ぐらい前じゃないですかね。岩浪選手と戦った時は前の試合か何かで負けて、“これで負けたらもうプロデビューはやめよう”と思っていた試合だったと思います。そういう中で勝って、先が繋がったみたいな試合でした。だから“またここで来るんだ”じゃないですけど、そんな風に勝手ながら思いました。

――アマチュア時代の対戦はワンマッチでの試合だったのですか?
日下 ワンマッチでした。岩浪選手は当時からもう輝かしいキャリアで、だから勝ってすごく自信になったし、僕の中で本当にターニングポイントになった試合だったなっていうのは覚えてます。

――もしそこで負けていたら、その後のキックボクサー日下滉大はなかった?
日下 なかったと思います。その時も“これで負けるんだったらしょうがない”と思うぐらい、当時なりにですけどすごく追い込んでやったのを覚えてます。だから巡り合わせというか、何か縁を感じます。

――では、まずここで日本王者となり、そこから世界を目指していくと。
日下 そうですね、岩浪選手に勝てれば、それこそ実力的にも十分行けると思うので。僕がデビューした頃、NJKFでWBCの世界戦を梅野(源治)選手とかがやっていて、それを見て“うわ、欲しい”と思ったのが原動力でもあったので、僕の中でもWBCは特別です。

――それでは周囲の理解と協力を得て臨む大一番に、改めての意気込みやメッセージをお願いします。
日下 こうしてチャンスが巡ってきたので、これを獲って、僕も格闘家で言うとだいぶ年が上の選手になってきましたけど、ここからキャリアハイを迎えて、世界に挑戦する・世界を獲るっていうストーリーもいろんな人に届くものだと思います。まずはそのスタートラインに立てるかどうかじゃないですけど、精一杯やってしっかり勝ちたいです。


『NJKF 2022 4th』
日時:2022年11月13日(日)
OPEN 17:00/START 17:30
場所:東京・後楽園ホール



《チケット料金》
RS席:前売 15,000円 / 当日 15,500円
S席:前売 8,500円 / 当日 9,000円
A席:前売 5,500円 / 当日 6,000円
B席:前売 4,500円 / 当日 5,000円



《チケット販売》
▪️チケットぴあ:https://t.pia.jp/pia/search_all.do?kw=NJKF
▪️後楽園ホール:03-5800-9999(営業時間:10:00〜19:00)
▪️NJKF事務局:TEL 046-205-9350
出場選手所属ジム:各自、お問い合わせください!



緊急事態宣言などによりイベントを中止または延期の場合がございます。
会場では「新しい応援様式」へのご協力をお願い致します。
【声援は拍手で/マスク着用】