MVP

“八潮のロッキー”畠山が帰ってくる!

第10試合 NJKFスーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
NJKFスーパーライト級王者
WBCムエタイ日本統一スーパーライト級王者
畠山隼人(E.S.G)
 VS
NJKFスーパーライト級1位
吉田凜汰朗(VERTEX)


“八潮のロッキー”畠山隼人が帰ってくる。
今回NJKF王座防衛戦に臨む畠山は昨年11月、
WBCムエタイ日本統一王座決定戦で真吾YAMATOと対戦。

畠山と真琴の吾両者は実に3度目の対戦で、
当時新日本キックのエースであった重森陽太を降すなど波に乗る、
真吾が2度に渡る敗戦のリベンジを仕掛けたが、
畠山が持ち前の剛腕を炸裂。

112秒の間に3度のダウンを奪い、新たな称号を手にした。

NJKF王座は18年に獲得し長期政権を築いているが、
一回り年齢の違う若き挑戦者を相手に今回も盤石の防衛を見せるか。

対する吉田は18年のNJKF新人王。
ここ一年は敵地へ乗り込んでの交流戦、韓国遠征、
100戦を超すベテラン健太戦と様々な経験を積み、
その粘り強いファイトに磨きをかけている。

ポテンシャルを爆発させるには至ってないが、「立場が人を作る」の言葉通り、
戴冠が覚醒の機会となる可能性は十分。畠山を食い目覚めるか。