2012年02月17日 前日計量結果&3選手コメント!

キックボクシング ムエタイ ニュージャパンキックボクシング連盟 NJKF。2012年02月17日のニュースです。

2012年02月17日ニュース

前日計量結果&3選手コメント!

02月17日(土)18時より、後楽園興行の前日計量が行われました。全22選手中、高橋誠治が150gオーバーで再計量となりましたが、その後にすぐ再計量をパス。全員が計量を通過しました。

 

各選手の体重は以下の通り。

 

TOMONORI 52.0kg / ロミー・アダンザ 51.85kg
大和哲也 62.95kg / デンサイアム・ルークプラバーツ 62.05kg
健太 69.85kg / TOMOYUKI 69.7kg
宮越慶二郎 61.4kg / 町田光 61.15kg
高橋誠治 63.65kg→63.45kg / 一輝 63.5kg
裕センチャイジム 55.2kg / 新人 55.2kg
岩井伸洋 58.7kg / 大和大地 58.8kg
白神武央 67.85kg / テヨン 67.55kg
鰤鰤左衛門 52.05kg / ニモ 51.85kg
琢磨 58.4kg / 番長翔 58.9kg

 

また、計量会場におけるロミー・アダンザ、大和哲也、健太は試合に向けて以下のようにコメントしました。

 

ロミー 『計量会場でTOMONORIを見たけど、いい人そうだね(笑)。試合映像などはコーチに任せているから、全く見ていない。昔からずっとそうなんだけど、国崇戦の時だけ映像を見たらヒジとか蹴りが強いことが分かって警戒しすぎてしまい負けてしまったんだ。だからもう見ないよ(笑)。ずっと来たかった日本に来られて、本当にエキサイトしている。日本のファンはこの競技のことを理解してくれて、負けてもいい試合をしたら評価してくれる。だから、皆さんに喜んでもらえるようなエキサイティングな試合をしたい。』

 

大和 『コンディションはバッチリです。デンサイアム選手とは3年ぶりにリベンジの機会が巡ってきたので、しっかり恩返ししたいと思います。前回は攻撃してもうまくいなされた印象が強いですが、この3年で僕も強くなったので『あなたに負けたことでこれだけ強くなれました。』という意味で恩返しをしたいです。危ない大和哲也を見せたいと思います』

 

健太 『TOMOYUKI選手は体がゴツくてすごいですね。うまく勝ちたいと思います。もし打ち合いになっても僕は目がいいので打ち合いでも勝つ自信があります。久々のNJKFのリングでヒジもヒザもあるので全部使ってキッチリ勝ちたいです。03月にも試合(Krushでのタイトルマッチ)が控えていますが全く意識はしていません。ケガとかカットされたらとか考えず、この試合に勝つことだけに集中しています。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です